最高のFenderをお届けするためのイケベ楽器の取り組み

2015年7月9日

Fenderセットアップトレーニングセミナー


>>都内某所にてFender Music Corporationさまをお招きして、Fenderのエレキギター、エレキベース、アコースティックギターの販売員向けセットアップトレーニングを開催しました。米国フェンダー、コロナ工場から直接トレーニングを受けた現役インスペクターの方々をお招きして、工場出荷時にどのようなセットアップを行っているのかをご説明をいただきました。

最高のコンディションをお客さまへ届けるために


>>工場出荷前のチェックを行う際には弦をチューニングして実際に弾いた時の状態から判断して、調整を行います。


>>ネックの反りや弦高の確認や、ピックアップの高さを調整する際、未調整のナットの高さが影響しないようにカポタストを1フレットに付けます。


>>ギターを弾いたときのプレイアビリティが左右するナット調整も細部にまで徹底して行っています。


>>Fenderでは工場出荷時に、多様化している音楽趣向やプレイ趣向に合わせ、お買い上げいただいたお客さま自身が調整しやすいように考慮した、バランスの取れたセットアップを行っています。

考え抜かれたセットアップを“知る”


>>ナットとフレットの弦高位置が適性な状態にあるかを確認するのに用いるフィラーゲージ(すきまゲージ)の使用方法について解説いただきました。


>>確認方法の説明を受けながら、イケベスタッフが実際にその目で、どの状態が適正であるかを確認しました。

考え抜かれたセットアップを“実践する”


>>エレキベースのセットアップをイケベスタッフが実際の手順にのっとって行い、そのセットアップ方法を指導いただきました。各モデルによって、スケールが異なるため、メジャーで長さを確認します。


>>エレキベースも、エレキギターと同様に1フレットにカポタストを付けて、ネックの反りや弦高を確認し、ピックアップの高さを調整します。


>>そして、セットアップ後はどのような状態になっているのかを確認しました。

最高のFenderを日本中の楽器ファンへお届けします。


>>Fenderが工場出荷時に行っているセットアップ方法を学ぶことによって、お買い上げ後に、お持込みいただいたお客さまの楽器の状態がどうなっているかを把握することができ、適切な調整方法をご提供いたします。

 

>>貴方の音楽生活をより豊かなものに
もともとイケベ各店のギター&ベースフロアにはリペアスクール出身者や現場でリペア技術を高めたスタッフが多数在籍し、専門的な知識と経験則に基づいて弾きやすく、かつ楽器の性能を活かす調整を行い、顧客の元へ届けて来ました。日本のユーザーの好みを熟知し、さらにオフィシャルのセッティング方法を身に付けた彼らが届けるフェンダーは、貴方の音楽生活を豊かにすることができます。

 

イケベ楽器は
日本中のプレイヤーに
最高の楽器を届けます

 

フェンダーギターはこちらから>>

フェンダーベースはこちらから>>

Tags: , , , , , ,

TOPへ戻る