ENGLアンプ使用アーティスト“Solitude”ライヴレポート!

2015年10月6日

title
今年6月に3rdアルバム”Reach For The Sky”をリリースし長期に渡る国内ツアー敢行中の国産ヘヴィメタルバンドの重鎮Solitude、9月19日に渋谷Cycloneで行われた”Reach For The Sky Japan Tour 2015″ワンマンライヴをレポート!

IKTborder_1
_MG_1018
>>ギターの井田真悟氏はENGL POWERBALL IIヘッドを使用中!4×12 Pro Cabinetスピーカーキャビネット4発のENGLアンプウォールが重厚なギターサウンドを創り上げワンマンライヴのステージをがっちり支えていました。
漆黒パネルに凝縮されたトーンが唸るENGL Powerball IIのショッピングページはこちら>>
怒涛の響きを生み出すENGL E412キャビネットのショッピングページはこちら>>

_MG_1055
>>ギターは長年愛用するP.R.S. Single Cutと、ワイヤレスはサウンドの安定性を重視しSHURE GLXD16を新たに導入。ギターとアンプのピュアなサウンドを追求した結果辿り着いた、ワイヤレス、オクターバー、ワウペダルのみの極めてシンプルなシステムです。
珠玉の逸品が勢ぞろい P.R.S. SingleCutストックリストはこちら>>

明瞭度の高さと確かな操作性、SHURE GLXD16のショッピングページはこちら>>

_MG_1075
>>そこから生まれるサウンドは余計な味付けが無く誤魔化しのきかないソリッドな音色となり、ストレートなギタリストにとっては難しいサウンドです。そのサウンドを支配し力強いリフワーク、メロディアスなリードプレイを奏でオーディエンスを魅了しました。

IKTborder_2
_MG_1053
>>パワフルなシャウトだけでなく、太く存在感あるヴォーカルで魅了する杉内 哲氏。威風堂々とした長身で「お前ら最後までついてこいよ!」とオーディエンスを牽引しました。

_MG_1040
>>メタリックなエッジを持ったベースサウンドでバンドサウンドに重厚さをもたらす西田 亨氏。激しいアクションでオーディエンスを煽りまくります!

_MG_1083
>>ファストナンバーが多いSolitudeのナンバーをパワフルに牽引する大内 “MAD” 貴雅氏のドラム。エネルギッシュかつ安定感のあるドラミングは、まさに国内最高峰のメタルドラマーです!

IKTborder_3
_MG_1078
>>ソリッドで力強い井田氏のギタープレイはENGLアンプならではの抜けの良さ、心地よいサウンドを改めて実感する事が出来ました。

_MG_1081
>>ライヴはもちろん3rdアルバム”Reach For The Sky”のギターサウンドもENGLアンプ&キャビネットを爆音で鳴らしたサウンドでレコーディングしています。「今までの作品よりもファストでキャッチー、そしてオールドスクール」とメンバー自ら語り、ベテラン揃いのメンバーながら攻めまくりのファストチューンとメロディアスなギターソロがフューチャーされた注目の必聴盤です。

_MG_1088
>>全メンバーの強力なエネルギーから生み出される怒涛のサウンドが体感出来るライヴは必見です。今後も全国各地で行われる”Reach For The Sky Japan Tour 2015″でENGLアンプで奏でられるSolitudeサウンドを是非体感して下さい!

http://www.spiritual-beast.com/solitude_japan/

TOPへ戻る