Sadowsky初の日本人公式シグネイチャーアーティスト・川崎哲平 / シグネイチャーモデル製作過程と、その拘り。

2016年11月10日

川崎哲平
 
ジャズやフュージョンもやるけど、それ以外のこともたくさんやってきた中で培った経験値で「やっぱりここが欲しい」というのがこの楽器に集約しているのかなと。
 
― 現在お使いのベースの話になるのですが、ローストアルダーは、「ロースト」という特殊な加工工程を経ますが、何か違和感みたいなものは感じますか?
 
川崎:全然無いですね。最初からすごくボディが鳴ってる感はありました。響いてるというか。 それが薄いラッカー塗装によるものなのか、ローストしているからなのか、どっちかは分からないんですけど。とにかく生音がデカい、と周りによく言われます。普通に弾いていてもデカい、鳴ってるねって驚かれるんですけど。それは別に弾き込んだわけではなく最初からそうだったので。
 
― 今後シグネイチャーとして発表されるモデルは、2015年仕様をレギュラーモデルにするにあたり、ラッカー塗装はあまりにもリスクが大き過ぎるとSadowsky TYOの菊地さんが仰っていまして。とはいえメトロシリーズに採用されている通常のポリエステルにしてしまうと塗膜や質感が変わってしまう可能性があるとのことで、ポリウレタンを使用して塗膜自体を薄く、塗料自体を少なくするという話があります。通常のポリエステルですと塗料の重量が140g あるのが、ポリウレタンにすると80gほどまで減らせるそうです。
 
川崎:それは大きいですね。
 
― あとアクティブ・コントロールをいじることもあるかもしれないという想定で、トリマー式に設定していると。
 
川崎:そうですね。それはあった方がいいので、リクエストを出しました。
 
― 特に商品として出す時に、アクセスしやすくしておくのは大事ですね。以前の哲平さんモデルは、哲平さんが使用する環境に特化したものでしたが、今回のシグネイチャーモデルは、例えば「サドウスキーにもう少しヴィンテージJBタイプのニュアンスがあればいいな」というプレイヤーの人にも、Will Leeモデルがサドウスキーの中でスタンダードになったように、1つのスタンダードとして提案しやすいモデルになると思うんです。
 
川崎:そうですね。 あとWill Leeモデルとはボディサイズなども含め対極にある感じなので、その比較も面白いですね。
 
― 実は公式のシグネイチャーというのは、Will Leeしか出ていないんですよね?
 
オカダインターナショナル:ベースだとそうですね。
 
― サインって入れるんでしたっけ?
 
川崎:どうします?入れない方が扱いやすくないですか?笑
 
オカダインターナショナル:Will Leeと同じく、ヘッド裏のペグのところに入れてもいいかもしれませんね。
 
― サドウスキーでシグネイチャーモデルが出ること、日本人としては公式に初のことかと思いますが、そのあたりの感想は如何ですか?
 
川崎:率直に言うと嬉しいですね。やはり僕もサドウスキーという楽器のファンとしてずっといたので、それを使うことになって、お世話になるということ自体がものすごく光栄なことで、それからまた自分の意思が反映されてシグネイチャーモデルになるということは本当に嬉しいことです。
 
― 今回、シグネイチャーモデルを製作されるSadowsky TYOの菊地さんは、今回の哲平さんの仕様が非常に汎用性が高く、ファンの方でなくとも様々なプレイヤーにアピールできる内容なので、哲平さんの意向を取り入れることで、実用的な様々なプレイヤーに勧められるものが製作できて非常に良かったと思うとお話をされていまして。
 
川崎:ベースという楽器自体が、ジャズやフュージョンのイメージがあったりするのかと思っていて。でも僕はジャズやフュージョンもやるけど、それ以外のこともたくさんやってきた中で培った経験値で「やっぱりここが欲しい」というのがこの楽器に集約しているのかなと。どっちにも振れるし、耐久性もあるので全国どこを周っても安心して持ち回れるので、すごく頼りがいがあります。
 
― シグネイチャーモデルって人選という意味でも難しい面を持っているんですけど、日本人で哲平さんのプレイを聴いていない人は恐らくいないであろうレベルなので、ポジションとしてもベストマッチだったかなと思いますし、素晴らしいプロダクトになったのではと思います。
 
川崎:ありがとうございます。
 
― 余談ですが、昨年製作した哲平さん仕様は、完売した今でも問い合わせが来るんです。
 
川崎:そうなんですか。
 
― 「また作れないんですか」といった感じで。そういった問い合わせには改良版を製作しようとしていまして・・・という感じでずっと濁してきたんですが、それが間もなく発表できると思うとイケベとしても嬉しいですね。久し振りに日本人の大きいシグネイチャーですし。
 
オカダインターナショナル:昔ここ (インタビュー収録場所)で、一番最初のUV60を弾いて頂いたのって覚えてます?
 
川崎:覚えてます!赤いやつ。
 
オカダインターナショナル:今思えば、UV60をやり始めたのって、哲平さんと車に乗っていて意見を頂いてやってみたところから始まったので、今回のシグネイチャー企画ってとても長い年月かけてやっているような。
 
― UV60ってもともと哲平さんのリクエストみたいなものだったんですよね。
 
川崎:そうですね。
 
― UV60は、とても良いポジションになりましたよね。メトロラインの中での、ディンキーやWill Leeとは違う形で。そのカスタムのようなモデルとして今回のモデルがあるというか。逆に哲平さんモデルが欲しいけどコスト的に買えない場合は、UV60から始まってもいいでしょうし。では、11月17日(木)には哲平さんにホスト役を務めて頂く「ベースの日 Special Live!」が開催されますが、そこに対する意気込みなどはありますか?
 
川崎:そうですね。歌モノにしようと思っているんです。メンバーもトリオで決めて。同い年くらいのメンバーで、ソウルっぽい歌モノをやりつつ、インストもやる感じで考えています。いわゆるバッキング・プレイヤーとしての僕を出しつつ、あとはお遊びでみんなでわーわー騒ぐみたいな。純粋にベースのトーンを聴ける、そういう内容にしたいと思っています。
 
― ありがとうございます。シグネイチャーベースの完成とライブイベント、楽しみにしております!
 
川崎:ありがとうございました。
 
川崎哲平 2015
 
※写真は2015年のもの。
 


 
川崎哲平 Profile
 
川崎哲平(かわさきてっぺい)
 
1980年福岡生まれ。中学3年からギターを始めるが高校3年の時にベースに転向。その後音楽専門学校に入学し在学中より福岡でプロ活動開始。 2005年からは活動拠点を関東に移し、フリーのベーシストとしてレコーディング、ツアー、ライブサポート、セッション、TV収録、CM録音などで活動。 ポップスからインストゥルメンタルまで幅広くプレイ出来るスタイル。エレキベースとコントラバスの両刀使いでもある。 イケベ楽器店イベントBass Meetingでは、過去4回(旧店舗時代の2回を含む)の最多出演記録と、最多動員 記録を持つ。

【主なレコーディング参加アーティスト(50音順)】
嵐 / 杏里 / いきものがかり / KUT-TUN / 倖田來未 / 島谷ひとみ / SMAP / 田村ゆかり / タッキー&翼 / テゴマス / トータス松本 / 一青窈 / 槇原敬之 / 松田聖子 / 渡辺美里 など多数

【ツアー・ライブサポート(50音順)】
中孝介 / 阿部真央 / 伊東たけし(T-SQUARE) / 上戸彩 / 池田聡 / 華原朋美 / CHEMISTRY / DIMENSION / DEEN / トータス松本 / 中西保志 / 元ちとせ / ピンクレディー / 槇原敬之 / 薬師丸ひろ子 など多数

【TV】
FNS歌謡祭2012,2013 / 僕らの音楽 / MUSIC FAIR / NHK SONGS / プレミア音楽祭2012、2013 など

Official Site : http://teppeikawasaki.com/
Official Twitter : https://twitter.com/teppeikawasaki

 


 

 
川崎哲平Sessionメンバー決定!

平里修一

KOTETSU

哲平氏と同世代のセッションミュージシャン、ドラマー平里修一氏、ボーカルKOTETSU氏を迎えてのトリオからなるセッションバンドにて登場!日本を代表する「歌モノベーシスト」の真骨頂が味わえること間違いなし!この鉄壁のトリオに華を添えるべく、ジャンルを又にかけたベーシストがゲストとして参加予定、スーパープレイも交えたバトルを展開します!
 


 

>> 次のページへ
チーフルシエ・菊地嘉幸に聞く、川崎哲平シグネイチャー。

Pages: 1 2 3

Tags: , , ,

TOPへ戻る