INORAN Meet & Greetのイベント・レポート

2017年5月8日


2017年4月15日、秋葉原CLUB GOODMANにて開催された、INORAN Meet & Greetのイベント・レポート公開です!

イケベ楽器店独占販売モデル「INORAN ROAD WORN JAZZMASTER 20th anniv. Edition」のご購入者限定として開催されたイベントということで、ジャズマスターの話はもちろん、その他の機材や、既に確立された”INORANサウンド”のルーツに迫る貴重な時間となりました!



ステージ上にはINORAN氏愛用の機材を用意し、準備万端です!

ギターはもちろん、INORAN ROAD WORN JAZZMASTER 20th anniv. Edition!


この日は、ソロ活動でメインで使用している機材をご用意いただきました。
アンプは、エグい歪みをアウトプットする Fender Super Sonic です!


フリーザトーン 林氏製作によるエフェクトボード。
LUNA SEAで使用する機材よりも、歪み系FXが多めとの事。



司会進行のフェンダーミュージック 斉藤氏の呼び込みで、早速INORAN氏登場!
LUNA SEA、自身のバンドやMuddy Apes(マディ・エイプス)としても活動するINORAN氏。
ソロ活動20周年というメモリアルイヤーという事で、ソロ活動を始めたきっかけやジャズマスターとの出会いの話からスタートとなりました。


LUNA SEAや自身のバンドはもちろん、Muddy Apes(マディ・エイプス)のメンバーとしても活動するINORAN氏。
バンドによって音作りに違いがあり、またその違いについても強い拘りが感じられました。

INORAN ROAD WORN JAZZMASTER 20th anniv. Edition について

デニス製作によるジャズマスターは3本目ということで、以前に製作された2本のジャズマスターとの違いや、
今後のINORAN氏の”野望”まで(笑)、途中何度も脱線しそうになりましたが、とても濃い内容でした!


更なるINORANサウンドへ迫るべく、ここでスペシャルゲストのフリーザトーン代表の林氏にお越しいただきました!

この日持ってきていただいたエフェクトボードを詳しく解説します!

歪み系FXが多かったので、実際にギターで音を出しながら、一つ一つ違いを説明いただきました。
(どの歪みもエグくてカッコ良かったです!・・・)


その他、機材の写真を見ながら詳しく解説いただきました。
マニアックな内容が多かったですが、皆さま貴重な話を色々聞けてラッキーでしたね!


その後、ご来場の方から事前に頂いた質問に丁寧にお答えいただきました。


本編終了後は、本人機材を使用して試奏出来る体験会を実施しました。
皆様、本物のサウンドを楽しんでいただけましたでしょうか!?


そして、4月15~20日まで、秋葉原 Player’s Club イケベックでは”Bar INORAN Wall”を開催し、連日大盛況!


期間限定”INORANカクテル”も大好評でした!
ご本人が愛するテキーラ”PATORON”を使用した、ギターのカラーに因んだBLUEのカクテル、皆さんご堪能いただけましたでしょうか???

ご来場いただきましたお客様、有難うございました!
開催にご協力いただきました企業の皆様、有難うございました!
そして、INORAN氏!素敵な時間を作っていただき有難うございました!
今後とも宜しくお願いします!

title

Tags: , , , , ,

TOPへ戻る