Gibson 製品研修会 ~最高のGibsonを お届けするための イケベ楽器の取り組み~

2017年11月8日


>>先日Gibson Brands Showroom TOKYOにて行われた、Gibson 製品研修会に、池部楽器店も参加いたしました。


>>メンフィス・ファクトリーからはR&DチームのMike Voltz氏とJim Lillard氏が参加です。ES-Modelは、メンフィス・ファクトリーにてヴィンテージES-335を細かく解析して、“Gibsonの箱モノ”の原点回帰と言える完成度の高いヴィンテージ・モデルや現代のニーズにあった革新的なモデルを数多く世に送り出しています。


>>今回のアップデートのポイントは、“MEMPHIS TONE CIRCUIT”(MTC)と“MHSピックアップ”です。これらは、ES-Modelのサウンドを最大限に引き出すために考慮、設計されており、ES-Model特有の箱鳴りサウンドと輪郭のはっきりしたサウンドを弾き出すことができます。MTCは、製品の特徴、価格帯により、キャパシター、ポットなどの電装部品の数値やグレードと配線方式が異なる、1) MTC、2) MTC PLUS、3) MTC PREMIER、4) MTC HISTORICの4種類のサーキットが用意されています。特に3)と 4)には、CTSに独自にオーダーしている550Kポットをそれぞれのポジション(フロント側&ブリッジ側)に最適な数値でマッチングさせたものを使うとのこと。またMHSピックアップは、マグネットのタイプやワイヤーの巻き数をES-Model用に独自に設定してサウンド・クオリティを向上させています。



>>続いて、Josh Taborski氏とDon Ruffatto氏による、Gibson Acousticの説明がありました。Gibson Acousticは、昔ながらの伝統製法を守りながらも、現代のプレーヤーに応える製品を生み出し続けています。そのGibson Acousticの製法についてコアとなるポイントをお聞きしました。

以下の四点の拘りポイントは全てのモデルの生産で一貫して採用され続けています。
■ボディとネックの接合部は伝統的技法であるダヴ・テイル・ジョイントを用いニカワ接着している。
■ギブソンらしい中域と低中域での個性的なトーンを生み出すようドーム型のトップを採用している
■ニトロセルロース・ラッカーを採用している
■USAメイドに拘りハンドメイド生産している
どのモデルを鳴らしても一貫したギブソンらしさを感じ取れる所以です。



>>当日はゲストのMichael Kaneko氏と、おおはた雄一氏によるデモ演奏が行われました!Michael Kaneko氏は、HummingbirdとES-275、おおはた雄一氏は、J-45 VintageとES-335をチョイスし、アーティストそれぞれの個性に呼応するかのようなサウンドは、各製品の完成度の高さを物語っているかのようでした。


それでは、 今回の選定会でイケベスタッフが厳選し、GETした逸品をご紹介いたします!


Gibson CUSTOM SHOP
Les Paul Custom Satin Purple Widow
【取扱:リボレ秋葉原

>>美しいフィギュアド・メイプルTOPとバインディング&ヘッドインレイ部にパープルカラーが配色された”パープル・ウィドウ”。サテンフィニッシュ&ブラック・クロームのパーツをセレクトしており、クールなルックスに磨きがかかっています。


Gibson
ES-LP Classic White Top【取扱:リボレ秋葉原

>>ESモデルとレスポールモデルが高次元で融合したといえるESレスポール。会場内に展示されていたESレスポールの中から、一際存在感を放っていたこのClassic White Topを選定いたしました。サウンド・ルックスともご満足いただける逸品です。


Gibson
ES-335 Anchor Stud Bigsby VOS Antiquer Vintage Sunburst【取扱:ロックハウスイケベ池袋

>>ビグスビーを搭載した2018 ES-335モデル。ストップテイルピースのアンカーには、ブッシュカバーが取り付けされており、ブッシュを取り外すことでストップテイル仕様に改造も可能。会場内には同機種が2本展示。こちらのモデルは本来、バーストカラーの境目が赤く、3トーンに見えるバーストフィニッシュ。今回選定した一本は、赤みが無く、2トーン・バースト仕上げとなっている渋いルックス。勿論、コントロールにはMatched 550K Potにオレンジドロップ・コンデンサーを使用した「MTC PREMERE」のメンフィストーンサーキットが採用された、最新スペックの一本です。


GibsonWildfirebird【取扱:アコースティックステーション
>>炎のように浮かび上がる極上のキルテット・メイプルをサイド&バックに使用し、ヘッド・指板そしてブリッジプレートに施されたインレイと落ち着いたオータムバーストカラーが相まって非常に高級感のある仕上がりです。サウンドも力強い鳴りで、正にギブソンのスクエアー・ショルダー・サウンド。所有する喜びを与えてくれる1本です。


Gibson
1950’s J-45 Kustom Burst【取扱:ハートマンギターズ

>>50sスタイルのアレンジバージョンです。アディロンダックレッドスプルーストップにワンリング、ラージガードというスタイルでトルクフルなサウンドが心地良い一本です。

Gibson
1960’s J-45 Kustom Burst w/Element VTC【取扱:ハートマンギターズ

>>60s スタイルの2リングにラージガードに赤みがかかったカスタムバーストが格好良い一本です。エレメントVTCピックアップ付きでライブステージでも即戦力となるでしょう。



>>イケベ楽器店はギブソン社の協力のもと、最高のギブソンを日本中に届けるために定期的に店頭スタッフ向けセミナーや米国ギブソン・ファクトリーへの訪問・現地買い付けを行っています。それによって培われた確かな専門知識と国内屈指の豊富な品揃えで、日本中のプレイヤーのギブソン選びをサポートしております。

ギブソンのエレキギター選びはこちらから>>

ギブソンのアコースティックギター選びはこちらから>>

★その他ギブソン関連記事を読む>>

Tags: , , , , , , , , ,

TOPへ戻る