人時”黒夢”Bass Clinic & Sound Seminar Vol.2 イベントレポート

2018年11月18日


>>2018年9月1日(土)ベースハウスイケベ池袋店のオープン1周年の記念すべき日に、ロックバンド”黒夢”の活動をはじめ、自身のソロワークス、多彩なサポートなどで活躍されているべーシスト”人時”氏をお迎えしてのスペシャルなイベントが開催されました!



>>ロックハウスイケベ池袋4Fのイベントスペース”OM Studio”に氏の機材が並びます!

>>ベースクリニックスタート!まずは登場から1曲披露頂きました!スタートから圧巻のプレイ!分厚く力強いドライブサウンドが会場中に響き渡ります!

>>ご自身のシグネイチャーモデルのご説明から。PBピックアップが2機搭載されたメインとしてお馴染みの”SCHECTER”シグネイチャーモデル4&5弦ベース。ピックアップが対なっているので1?4弦までサウンドバランスが取りやすく組めて、JJピックアップほどローが暴れず音の塊が出る感じとハイのギラつきも好みのサウンドが出ることから、現仕様が採用されております。

写真右:SCHECTER/AC-HK/SIG (Snow White)
写真左:SCHECTER/AC-HK-5/SIG (3Tone Sunburst)



>>ベースアンプは、近年ご愛用の”MARK BASS”のセット!ヘッドは最近新たに導入された”LITTLE MARCUS 800″です。数あるバリエーションを試された中から「スピーカーに合う丁度良いパワー感で、ゴリゴリした感じが自分にヒットしたのが800モデル。指弾きやスラップ弾きのイメージが強いモデルをあえてピックでゴリゴリと弾くのがツボに入った。」との事。
Mark Bass/LITTLE MARCUS 800のショッピングページはこちら>>


>>足元は、シンプルにチューナー”Peterson/Stomp Classic”とマルチエフェクター”ZOOM/B3n”の2台です。様々なサポート現場にて柔軟に対応できるのが良く現在はこちらの組み合わせが導入されております。
Peterson/Stomp Classicのショッピングリンクはこちら>>
ZOOM/B3n [Multi-Effects Processor]のショッピングリンクはこちら>>



>>そして”人時”といえばピック!氏愛用のシグネイチャーピックですが、コチラの赤いロゴは未発売の0.7mm厚!ピックは主に0.6mmをメインに、0.7mmと使い分けられているのです。ベースではかなり薄い厚みという印象ですが、氏のハードピッキングスタイルが故の音の立ち上がりの(ピークに達する)速さにより、サスティーンが無いように聞こえる為、感覚は一緒でタイミングを後ろに遅らせたり、アタックを弱めることが出来ないかと試行錯誤した末、現在の厚みが採用されております。
SCHECTER/人時 (黒夢) ピック ×10枚セット [SPA-HK10/WH] のショッピングリンクはこちら>>



>>使用機材のお話を終え2曲目を披露!こちらでは5弦ベースが登場!比較的スローテンポな曲で、お話にあったピッキングでのコントロールや、ベースを持ち替えたことでのサウンドの違いが判り易く、。



>>続いては、ベースハウスにてオーダー致しました、氏のシグネイチャーモデルもラインナップされているProgageシリーズの”PS-S-PJ”オーダーカラーモデルを弾き比べて頂きました!指板以外の仕様は同じスペックの2本、「お互いの特徴は聞いた事がありけど実際どうなんだろう」という方も多いのでは?メイプル材とローズウッド材それぞれの特徴が良くお客様にお分かり頂けたと思います。
SCHECTER/PS-S-PJ (Aged Natural Satin/Maple)”BassHouse Custom Order Model”


SCHECTER/PS-S-PJ (Brown Tint/Rosewood)”BassHouse Custom Order Model”


そして、4弦ベースにて3曲目を披露頂き、今回も沢山のご質問を頂いた質問コーナー!皆様の濃い質問に様々な身振り手振りを交えて分かり易く丁寧に回答頂きました!現在も探求されているテクニックのお話や、そのバックグラウンドからなる独自の理論など、やはり中でも多かったのは氏のピッキングのお話。本当に奥が深いピッキング、そして実践すると面白い、ここでは記せないほどマニアックですが知れば知るほど音を鳴らすのが面白くなります。



>>「逆アングル」と呼ばれるピッキングの理論や効果のお話。弦に当てるのは自分から見て右側です。


>>ダウンピッキングのテクニックのお話。ドラムのハイハットワークからヒントを。



>>皆様の質問もマニアックだったのでは?

>>ラスト1曲は皆さんご存知の曲をマイナスワンのインスト音源にて。間近で細かなフレーズの動きが見れましたね!ちなみに”BPM180″を”全部ダウンピッキング”で弾いていらっしゃいます。

人時さん、SCHECTERさん、機材協力を頂きましたパール楽器さん、そして、ご来場頂きましたお客様本当にありがとうございました!2018年9月1日で1周年を迎えたベースハウス誕生日の記念すべきイベントとなりました!



SCHECTERArtist Model Series AC-HK/SIG (Snow White) [黒夢”人時”Model]ショッピングページへ>>


SCHECTERArtist Model Series AC-HK-5/SIG [黒夢”人時”Model]【受注生産品】ショッピングページへ>>


SCHECTER人時 (黒夢) ピック ×10枚セット [SPA-HK10/WH]ショッピングページへ>>

Profile 人時 HITOKI

Birthday: 19th July 1972 Cancer
Birthplace: Gifu. Japan
Blood Type: O
Musical Instruments: E. Bass, Ac. Bass, Ac. Guitar, Programing.
Works: Bass Player, Composer, Sound Producer.

1994 年~
■ 黒夢のベーシストとして東芝 EMI ( EMI ミュージックジャパン)から『 for dear 』でメジャーデビュー。
1997 年
■ ワーナーミュージックジャパンからシングル『 Franchise Music 』アルバム『 Franchise 』でソロデビュー。
1999 年
■ 黒夢・無期限の活動休止宣言
2000 年~
■ 人時 PIRANHA HEADS 結成。後に dzi-beads 、ピラニアヘッズ、 SSS ( Spicy Sound Scratch )と自信が中心となるバンド活動を展開。同時に、ベーシストとしてジャンルを問わず数々のアーティストのスタジオレコーディング、ライブサポートに参加。
2008 年
■ ex, JUDY AND MARY のギタリスト・ TAKUYA のプロジェクト、 ROBOTS ( ROBO+S )に加入。
■ aki サポートで親交を深めたマニピュレーター・横山和俊と Dummy’s Corporation を結成。
2009 年
■ 黒夢、日本武道館公演で正式に解散。
■ ROBOTS ( ROBO+S )解散。
2010 年~
■ DEAD END のボーカリスト・ Morrie のソロプロジェクト、 CREATURE CREATURE に参加。
■ 黒夢、活動再開を発表。
■ Dummy’s Corporation から事実上の脱退。
2011 年
■ 黒夢、シングル『ミザリー』『アロン』を avex からリリース。国立代々木競技場第一体育館公演で完全復活を果たす。
■ ソロワークスの一環として不定期に開催していたアコースティックライブで生まれた楽曲をまとめた、初のアコースティックソロアルバム『ちっぽけな僕の世界』を Khaos Number からリリース。
2012 年
■ 黒夢、シングル『 heavenly 』、 13 年半振りのオリジナルアルバム『 Headache and Dub Reel Inch 』を avex からリリース。
日本武道館公演後の深夜に代官山 UNIT にてゲリラライブを敢行。
■ 40 歳を迎える本年 7 月 19 日、師と仰ぐ黒夢 EMI 在籍時の音源作品に参加していたドラマー・そうる透氏とリズム隊によるインストゥルメンタルライブを開催。
■ 同企画のスタジオレコーディングフルアルバム『 I Never Kill The Groove. 』 11/21 に発売。
2013 年
■ 2012 年、 11/2 高田馬場 CLUB PHASE で行われたライブと Youtube でトレーラー配信中の MusicVideo フルサイズ 4 曲を収録した DVD 『 LIVE 20121102 I NEVER KILL THE GROOVE. 』 3/16 に発売。東京・名古屋にて DVD リリースライブ敢行。
2014 年~
■ 黒夢 DEBUT 20TH ANNIVERSARY
■ 2nd インストゥルメンタルアルバム『 Density 』を 12/4 黒夢・郡山 Hip Shot Japan 公演よりツアー会場にて発売。

現在は再始動した黒夢の活動をはじめ、ベースインストプロジェクト、スタジオレコーディング、ライブサポート、プロデュース、アコースティックソロワークス等多岐に渡り音楽活動を展開中。

Tags: , , , , , ,

TOPへ戻る