【注目動画】ギタリスト三宅庸介氏が弾く、ギタステオーダーのFender TBC “Hand Selected Wood”の実力。

2013年5月3日

>>米国Fender Custom Shopファクトリーにギタステ・スタッフが赴き厳選セレクトした“Hand Selected Wood”を使用したFender C/S TBC Hand Selected Wood IKEBE Order Model。ストックの中から出来る限り軽量で板目取りされたボディマテリアルをセレクトし、ネックには柾目(クオーターソーン)をマッチングさせる事で、サウンドボードであるネックのバイブレーションをしっかりと受け止め、豊かで深さと広がりのあるボディ鳴りを持つ至極のフェンダートーンを弾き出しています。

ファクトリー選定材を使用したスペシャルチームビルトモデル
Fender Custom Shop
“TBC 1961 Stratocaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
“TBC 1955 Stratocaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
“TBC 1959 Telecaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”

各モデル毎に高いプレイアビリティと、こだわりのスペックに併せたボディカラーをセレクト!
ショッピングページはこちら>> 

ルックスからサウンドに至るまでこだわりの詰まったこのモデルを、ギタリスト三宅庸介氏にプレイしていただきました。注目の動画をご覧いただく前に「なぜ今回のギタステオーダーはスペシャルなのか?」についてお伝えいたします。

【YosukeMiyake’s “Strange,Beautiful&Loud”】 
Rock Guitarist 三宅庸介氏の Blogはこちら>>

>>昨年某日、ギターズステーションConnoisseur鈴木がカリフォルニア州コロナのFender Custom Shopファクトリーを訪問。トーン、ルックスともに吟味された個体を求める日本市場向けに、フェンダーカスタム・ショップ・ファクトリーが所有する膨大な木材のストックから、オーダー内容に最適と思われる材を丁寧にハンド・セレクトいたしました。

>>写真はFender Custom Shopファクトリーにてセレクト終えたボディ材に、他の製品に使用されないよう“IKEBE”のマーキングが記入されている所。各モデルに使用するアルダー&アッシュのストックの中から出来る限り軽量で板目(フラットソーン)になっている物をセレクト。フラットソーンボディをセレクトする事で豊かなバイブレーションを獲得し、ピッキングの強弱にも心地よく反応する懐の深さを生み出します。

>>フィンガーボードのセレクトでは色味はもちろん、目の詰まり方から木目までセレクト。完成時の色味を見るために揮発性の高い薬品を吹きつけ一枚一枚チェック。Neckに使用するメイプル材については、ボディ材とのコンビネーションに併せてクオーターソーン(柾目)を採用。ネック材は製作時にストックの中からCustom Shopの熟練ファクトリー・スタッフにセレクトを依頼しました。

>>当社の木材セレクトに快く御協力いただいたFender Custom Shopスタッフの方々。いつも当社のこだわりをかなえてくれるCustom Shopスタッフの方々には心から感謝です。

>>完成までには約1年の歳月を必要としましたが、それだけの価値がある逸品に仕上がりました。

Fender Custom Shop
“TBC 1961 Stratocaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
“TBC 1955 Stratocaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
“TBC 1959 Telecaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”

ショッピングページはこちら>> 

>>Hand Selected Woodを使用したボディのトップ層にはAged Tint Top Coatを施し、ハードウエアにはRelicパーツをセレクト。その2点が相まって、ぐんと風格が増しているのがご覧いただけると思います。

>>スラブボードのローズフィンガーボードには、出来る限り濃い色味になる材と木目がつまり質感のある材をセレクトしました。フィンガーボードのラディアスは、フィンガリングを容易にしつつVintageスタイルからも大きな違和感を感じさせない程度フラット目な9.5Inchラディアスに、フレットにはVintageフレットのような細さでありながら高さを持たせる事で、ハイポジションでも用意にフィンガリング出来るJD6105フレットのプレイヤーズスペックを採用。

>>ネック材にはクオーターソーン(柾目)をセレクトする事で、スタビリティーはもちろん剛性感とダイレクトなネック鳴りをボディに伝えます。クオーターソーンの剛性感のあるネックのバイブレーションを、ボディがしっかりと受け止める事で得られる懐の深いサウンドは是非手にしてご確認いただきたい完成度です。

>>今回は各モデルにカラーヴァリエーションも展開。マスタービルドモデル等で高い評価を得るAged Tint Top Coatを採用し、各色共にベースとなるカラーが上から焼けた風合い(ティント)のクリアコートから透けて見え、抜群の風合いあるルックスを実現。

>>メタリック系カラーでも角度によっては木目がうっすら見えるほどの塗膜の薄さ。アコースティカルなボディバイブレーションを得る事に貢献し、軽量な材だからこそ得られる乾いたサウンドを見事に弾き出してくれます。

>>動画撮影に際しギタリスト三宅庸介氏へギターズステーション鈴木より1本ずつギターを説明し、それぞれ特徴に合ったプレイをリクエストさせて頂きました。楽器と呼応するように、全編アドリブでその魅力を引き出していく三宅氏の演奏にご注目下さい。

特別に選定したマテリアルを使用した61スタイルのスペシャルチームビルトモデル
Fender Custom Shop
“TBC 1961 Stratocaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
ショッピングページはこちら>> 

>>Fender C/Sファクトリーのストックの中からスラブボードのローズフィンガーボードには出来る限り濃い色味になる物と木目がつまり質感のある物をセレクトし、ボディには軽量で板目取りされた2ピースアルダーをセレクト。柾目(クォーターソーン)のネックとマッチングさせる事で、サウンドボードであるネックのバイブレーションをしっかりと受け止め、豊かで深さと広がりのあるボディ鳴りを持つ至極のフェンダートーンを弾き出します。

軽量な選定アッシュ材をボディに使用した55スタイルのスペシャルチームビルトモデル
Fender Custom Shop
“TBC 1955 Stratocaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
ショッピングページはこちら>> 

>>アッシュとメイプルという“硬質”と思われるマテリアルのコンビネーションですが、クォーターソン(柾目)の剛性感のあるネックのバイブレーションをフラットソーンの軽量ボディがしっかりと受け止める事で、アッシュならではのミドル域に芯の強さを持ち太く粘りあるサウンドを見事に弾き出し、プレイアビリティに定評のある細身のVシェイプを使用したクラプトンスタイルとの相乗効果でこのスタイルを弾きこなす事へのハードルを低くしてくれます。透き通るようなベルトーンから、懐の深いドライブするようなサウンドは是非手にしてご確認いただきたい完成度です。

特別に選定したマテリアルを使用した59スタイルのスペシャルチームビルトモデル
Fender Custom Shop
“1959 Telecaster Closet Classic Hand Selected Wood IKEBE Order Model”
ショッピングページはこちら>> 

>>ローズ指板のテレは通常63スタイルなどのアルダーボディが採用されますが、今回はプレイヤーの方から高い支持を受ける59スタイルのスラブボード&アッシュボディ期のモデルをオーダーしました。Fender C/Sファクトリーにストックされた膨大な材の中から特別に選定したウッドマテリアルを使用。クォーターソーン(柾目)の剛性感のあるネックのバイブレーションをフラットソーンの軽量ボディがしっかりと受け止め、アッシュボディならではの芯の強さとローズ指板の粘りあるサウンドにテレキャスターブリッジのファクターが絡み合い、弾ける様な極上のテリーサウンドを聞かせてくれます。

ギタリスト三宅庸介氏とギターズステーションのコラボ・コンテンツをさらに見る>> 

「やはりギタステのフェンダーはひと味違う。」最新入荷状況はこちらから>> 

池部楽器店 ギターズステーション
www.guitars-station.com 

〒150-0031東京都渋谷区桜丘町2-1ブリアン渋谷2F
tel. 03-3477-0089 11:00~20:00(年中無休)
guitars_station@ikebe.co.jp

Tags: , , ,

TOPへ戻る