【TAMA】従来のペダルでは乗り越えることのできなかったドラマーのイメージと音の間に存在する”表現の壁”を超える「Dyna-Sync(ダイナシンク)」ドラムペダルが登場!

こちらの記事もオススメです!