◆新着記事

ロールフレット

近年、WSRで使用しているフレットは 95%近くがJescarの物になります。 作業性を考えると、 やっぱりカットフレットよりロールフレットの方が 扱い易いんですよね。 よって、人気のあるフレットは ロールにてストックを […]
Read More

リフレット月間

年が明けてから、 私の作業はリフレット月間となっています(笑)。 ご依頼いただいたのはいずれもJescarのフレットで、 Fender Rord Worn ST  #57110 Fender/J ’72 ST […]
Read More

サテン

グロスフィニッシュのボディーやネックでも スチールウールやスポンジ研磨材などの 比較的、番目の細かいヤスリで小さな円を書くように 研磨していくことで、サテンフィニッシュのような 手触りに仕上げることが可能です。 そもそも […]
Read More

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!!! WSRは例年通り本日からの営業となります。 1/20までは渋谷・池袋エリアの各店同様、 21:00まで営業しておりますので、 みなさまのご来店をお待ちしております。 今年もWSR […]
Read More

良いお年を

早いもので、今年もあと一週間を切りましたね。 年内のブログの更新は今日で最後になります。 今年も一年どうもありがとうございました。 来年は店舗の移転を控えており、 またバタバタとした年になりそうですが、 今後ともWSRな […]
Read More

ヘッドの丸穴

Fender’65 Jazz Bassのヘッド裏です。 ペグのウォームを固定する為の金具が ベースプレートから少し出っ張っているので、 ヘッドの裏はご覧の様に丸穴が空けられています。 後年のモデルだと、空けら […]
Read More

バリトンSW

1ヵ月ほど前のブログでご紹介した ES-345のバリトンSWです。 前回の物は2枚の大きなコンデンサでしたが、 今回の物はコンデンサと抵抗一つ一つが ロータリーSWに配線されています。 この複雑な回路をリアPUの穴から入 […]
Read More

PU交換

Music Manの多くのモデルは DiMarzioのPUが直付けされていますが、 これをGibsonやSeymour Duncanの PUのベースプレートが長い・・・ いわゆるビンテージタイプのPUに交換する場合、 ボ […]
Read More

テレギブ用

お客様からお持込いただいた Vibramate V5-TEV Stage II マウンティングブリッジです。 しかも、レリック仕様のテレギブ用になっています(笑)。 従来、テレキャスターにBigsby B-5を取り付ける […]
Read More

ミニハムバッカーの初期不良

ミニハムバッカーのPU交換をしたところ、 んんん~??? ものすごく出力が低かったんですね・・・。 直流抵抗も問題ないですし、 磁力も問題ない・・・。 さては・・・と思って、 2つのコイルの位相を調べてみると、 案の定、 […]
Read More