◆新着記事

1点止め

90年代に作られた日本製の Valley Arts Custom Proです。 ご覧の通り、 ネックジョイントは1点のボルト止めで、 ボディのヒールは非常に滑らかな ラウンドカットになっています。 ネックを外してみると、 […]
Read More

Aged Bigsby

お客様からお持込いただいた Aged加工されたBigsby B-5です。 Bigsbyのホームページを見ても載っていないので、 Officialの商品では無いようですが、 非常に良くできていますね・・・。 ギターを含めた […]
Read More

トグルSWの位置変更

Gibson The PaulのトグルSW位置の変更です。 元々の位置はフロントVolumeとToneの上付近にあるので、 どうにも使いにくいんですよね・・・。 よって、通常のLes Paulモデルと同じ位置に ザグリ加 […]
Read More

リッチライト

リッチライト指板のリフレットです。 近年、エボニーに代わる人工素材として、 多くなってきたこの素材ですが、 「リッチライト」って、この素材をを開発した 会社の名前なんですね・・・。 どういう素材かというのはいろんな方が書 […]
Read More

鏡面

アクリルPGの作成です。 サイドのテーパーはトリマーで45度にカットした後に ペーパーで研磨していきます。 最終的には#1200番位でしょうか。 この研磨によって細かなゆがみや凹凸、 傷などを取っていきます。 そして、バ […]
Read More

切りっぱなし・・・。

ボディやネックに取り付けられている木ネジを外すと、 極稀にこんな感じで切りっぱなしになっていることがあります。 そもそも木ネジは下穴をあけて、 ネジ自体で木材にタップを切りながら ねじ込まれていくようになっています。 よ […]
Read More

今週のリフレット

2017年製Historic collection LPのリフレットです。 同じLes Paul Modelでも製作された年代によって、 セルの厚みやフレットの種類、 その入り方が全く異なります・・・。 特にセルは指板に […]
Read More

3D-4?

85年製のEXPLORER BASSに付いているブリッジです。 見た目にSCHALLER 3D-4に似ているのですが、 前身となるモデルなのでしょうか? しかしながら、弦高調整用のイモネジが見当たりません。 どうやって調 […]
Read More

湾曲

Gibson ABR-1が湾曲してしまっています。 ABR-1に限らず、Tune-O-Maticブリッジは 本体を両端で支えて弦を乗せる構造の為、 弦のテンションによる経年変化で このような症状はよく見受けられます。 こ […]
Read More

SAMURAI ATTACK! その後

今回は2013年の3月にコラムでご紹介した PUNKバンドSAのNAOKIさんのギターのその後です。 前回リフレットをしてから6年経つのですが、 経年による痛みはさらに進んで、 更に良い風合いを醸し出しております。 ボデ […]
Read More