◆新着記事

薩摩琵琶

私、普段はみなさんご存じのように エレキギターやベースの修理をしているのですが、 極稀に珍しい楽器をお持ち込み頂く場合があるんですよね。 今回は薩摩琵琶奏者の鎌田薫水さんから 薩摩琵琶をお持ち込み頂きました。 なんでも、 […]
Read More

若い!

古いアルバムを整理していたら、 こんな写真が出てきました・・・。 多分、池部楽器に入社した頃 1991年?30年くらい前のワタクシです。 この頃はまだWSRはなかったのですが、 薄暗い倉庫の片隅にブースを設けて、 楽器販 […]
Read More

興味深い

68年製Fenderのギターです。 1フレットのブロックポジションが剥がれていたので、 見てみると・・・ ポジションマークは分厚く、 指板材を貫通して、メイプルの部分までザグリがあります。 そして、トラスロッドの埋木とト […]
Read More

MADE IN W.GERMANY

70年代にGibsonで使用されていたSchaller製のペグです。 取り外して、裏を見ると いわゆる「F Key」と全く同じ構造なのですが、 よく見ると、 MADE IN W.GERMANYの文字が・・・。 ベルリンの […]
Read More

AXISのモディファイ

Music Man AXISに色々と手を加えてみました。 元々、ブリッジはべた付けなので、 弦高を調整する為にネックジョイント部に スペーサーを入れてあります。 今回はこのスペーサーを抜いて、 ネックとボディの接地をしっ […]
Read More

決算

本日は棚卸し日です。 一年に一回、WSRにあるパーツ類の在庫を数えます。 PUやポットなどの大きなものはよいのですが、 木ネジやイモネジなどの細かなものを数えていくのは なかなか毎年大変で、ほぼ丸一日かかります・・・。 […]
Read More

ポジションマーク

指板上にポジションマークのない ファンドフレットのベースに ドットポジションを入れました。 この作業の場合、フレットの打ち替えと同時に 行うのが圧倒的に楽にできるのですが、 今回は打ち替えをせずに行いました。 こうやって […]
Read More

Aluminium Radius Sanding Beam

この長いアルミ製のバーは フレットというよりは指板のすり合わせの 最終仕上げに使用しています。 7.25とか9.5といったそれぞれの指板Rに合わせて、 こんな感じにRが付いており、 ここに糊つきの研磨紙を貼り付けて使いま […]
Read More

デニムエプロン

7/2に投稿した前掛けなんですが、 やはり一度洗濯をして、修理に出すことにしました。 その間のつなぎといっては何ですが、 新しい前掛けを購入しました。 何とLevi’sからもエプロンが販売されているんですね。 […]
Read More

長さ

いまさらな話ですが、 Switch Craftのジャックには 同じモノラルのモデルでも シャフトが短いものと長いものが存在します。 回転止めである菊ワッシャーを 取り付けることを考えると、 ピックガードにジャックがマウン […]
Read More