Document Archive

ボールエンド

珍しい俵型のボールエンドですね。 どちらのメーカーの弦なのでしょうか。 他に特殊な形だとブレットエンドとかもありますね。 ボールエンドの形状も音に影響する場合があるので、 ちょっと変えてみるのもいいかもしれません。 西山
Read More

国産ブリッジ

70年代の国産ギターに搭載されているブリッジです。 サドルを取り外してみると、 ベースとブロックを取り付けるためのネジが無いですね。 溶接したようなあとは無いので、削りだしのブリッジでしょうか。 細かい部分を見ても鋳造し […]
Read More

スタッド

フロイドローズのスタッド・アンカーです。 左が新品、右がスタッドの頭が折れてしまった物です。 経年変化等により頑丈そうなスタッドもこのように頭がポキッと折れてしまいます。 こうなってしまうと交換しか有りませんね。 西山
Read More

C-A-R-D

Gotoh/C-A-R-D SD510,SDS510に元々標準装備されていた セルフセンターガイドの進化系といったところでしょうか。 現在はこちらが標準装備されています。 このパーツを仕様する事で後藤製品のクルーソンタイ […]
Read More

ポールピース

Fender/NoislessPU 実はリアの弦間ピッチがフロント&センターと違うんですね。 上がセンターPUの写真、下がリアPUの写真です。 フェンダーヴィンテージタイプのトレモロユニットの弦間ピッチ(11.3mm)に […]
Read More

これは・・・

お預かりした楽器の中にはかなり手の込んだ改造が施されている場合もあります。 今回の写真の場合はなんとペグをロックタイプのペグに改造されていました。 PRS/PhaseⅡ風にペグポストの上部から弦をロックできるようになって […]
Read More

ダウンチューニング

D’Addario/EXL148 パッケージの右上に記載されていますが、C-Tune対応の極太ゲージです。 通常のチューニングから2音下げになりますね。 かなり6弦が太くなるので、ペグポストの径や弦通しの穴の […]
Read More

ペグブッシュ

61 写真はペグブッシュの写真です。 左はGotoh製のペグブッシュ、右はクルーソン社の物になります。 プレスして作られた物かと思いますが、溝が付いていないですね。 61年製のGibson ES-125Tについていたので […]
Read More

白さび

ギターやベースも殆どが金属パーツを使っているため、 錆びによる様々なトラブルもよくおこります。 写真は「白錆び」がびっしりと発生しているトグルスイッチです。 メッキが酸化して起きる現象です。 錆びは塩分や水分が反応して発 […]
Read More

不安定

写真は牛骨ナットをOil漬けにするときに熱を加える為に使用している電熱器です。 殺伐とした工房にこんなゆるキャラ?がいます。 最近調子がおかしく、熱をちゃんと伝えてくれる時とそうでない時があり、 お湯がグツグツと激しく煮 […]
Read More