Repair Archive

トラスロッドブロック

Foderaのトラスロッドブロックです。 ナットを締め付けることによって、 Uの字に入った2本のロッドの片方をたわませて、 効かせる構造のものです。 同じような構造をもったロッドは RickenbackerやSpecte […]
Read More

スタッドの付き方

80年代のB.C.Rich EAGLEのリフレットです。 フレットを抜いてみると、 スタッドの付き方が面白いですね。 タングのかなり下の方についているんですよね。 形状から見て、Jim Dunlopのフレットだと思うので […]
Read More

薩摩琵琶

私、普段はみなさんご存じのように エレキギターやベースの修理をしているのですが、 極稀に珍しい楽器をお持ち込み頂く場合があるんですよね。 今回は薩摩琵琶奏者の鎌田薫水さんから 薩摩琵琶をお持ち込み頂きました。 なんでも、 […]
Read More

Circle Fretting System

FUJIGENのCircle Fretting Systemが 搭載されているギターのリフレットです。 少し分かりにくいですが、 微妙にフレットが湾曲しているのが お分かりいただけますでしょうか? 今回はJescar#5 […]
Read More

手加工のスタッド

古いヤマハのギターのフレットです。 過去に何度か紹介していますが、 久しぶりに見たので、再投稿です。 これ、フレット自体にはスタッドが付いていなくて、 打ち込む際にニッパーのようなもので、 タングの底部を握りつぶして、ス […]
Read More

ナット交換

Gibson LPのナットを外したところです。 同じGibsonのギターでも、年代やグレード?によって、 使われているナットや接着剤の素材が違います。 それによって、妙に密着が良かったり、 ナット自体が欠けてしまったりし […]
Read More

今週のリフレット

Jescar#43080でのリフレットです。 この型番のフレットは幅2.03x高さ1.09と Fender Vintageフレットとほぼ同サイズですが、 同社の他のモデルと同様にクラウンの形状が きれいな半円状になってい […]
Read More

木工用ボンド

60年代のFender STのリフレットです。 過去にリフレットがされていたようで、 スタッドの形状から推測するに、 Jim Dunlopのフレットですね。 そして、木工用ボンド系の接着剤がびっしりですが、 フレットを熱 […]
Read More

リフレット月間

年が明けてから、 私の作業はリフレット月間となっています(笑)。 ご依頼いただいたのはいずれもJescarのフレットで、 Fender Rord Worn ST  #57110 Fender/J ’72 ST […]
Read More

サテン

グロスフィニッシュのボディーやネックでも スチールウールやスポンジ研磨材などの 比較的、番目の細かいヤスリで小さな円を書くように 研磨していくことで、サテンフィニッシュのような 手触りに仕上げることが可能です。 そもそも […]
Read More