Accessory Archive

Tune.O.Matic

今回はTune.O.Maticについてです! 通称「T.O.M」と呼ばれているGibsonのブリッジですが、 Gibsonの多くに機種に取り付けられており、1953年に「Super400」で初めて搭載され、 その1年後の […]
Read More

kill pot

今回は「shadow kill pot」をご紹介します! キルスイッチを取り付けるには、スイッチやボタンの増設が必要になる事が多いのですが、 このポットであればボディやピックガードに加工無しで取り付けが可能になります。 […]
Read More

VOLUME POTの「0」問題

過去にも何度か取り上げているお話ですが、 最近、この問題について数件のお問い合わせをいただいたので、 今一度、どういうことなのか? というのを過去のコラムから抜粋して投稿しますね。 過去、新品のポットに交換してヴォリュー […]
Read More

ピックガード

今回はピックガードの素材や種類をご紹介します! 「ベークライト」 1950年〜55年頃でFenderのテレキャスターで使われており、通称「ブラックガード」と呼ばれているそうです。 素材はフェノール樹脂ですが紙を基材にして […]
Read More

ハイパスコンデンサー

ボリュームを絞った時に音量と一緒に高音が落ちてモコモコっとしたような音になってしまう事があります。 それを解消してくれるのが「ハイパスコンデンサー」です! ボリュームポットはそれぞれピックアップに対応した抵抗値があり、シ […]
Read More

レバースイッチビスの色

CRLやOAK製のレバースイッチなどに交換した時に他のパーツはゴールドやブラックなのに レバースイッチビスのみがニッケル色で合わないということがあります。 レバースイッチビスのみ単体ではゴールドやブラックのメッキが施され […]
Read More

ポジションマーク

今回はポジションマークについてです。 ギターやベースの指板にはフレットをすぐに判断できるようにポジションマークが取り付けられています。 年代によって種類や素材が変わってくるので見た目にも変化があり、年代の識別要素にもなり […]
Read More

NEO Solderless

今回は、ギターをアンプで音を出したりエフェクターを連結させるには 絶対に必要なシールドですが、普通のシールドとは一味違う「NEO Solderless Series」をご紹介します! 「ソルダーレス」とは・・・「はんだ付 […]
Read More

オリジナル!!!

なんと!オリジナルのABR-1です。 当時はこんな箱に入って販売されていたんですね。 サドルは針金のないタイプですので、 バラされて入っています。 現行のものよりも、背が低くて少し小さいイメージですね。 当然、溝切はされ […]
Read More

テレキャスターフロントピックアップ

テレキャスターのフロントのピックアップはシングルコイルですが、 メタルのピックアップカバーが取り付けられています。 メタルのピックアップカバーには「コイルの保護」と「ノイズ対策」の2つが挙げられます。 蛍光灯やパソコンや […]
Read More