Monthly Archive:: 2013年03月

カッター刃

WSRで使用しているカッターの刃です。(オルファ社製)カッター刃は事務・梱包作業にはもちろんの事、治具作成時のアクリル素材への切込みや、スクレーパーとして代用したり等、修理作業でも大活躍です。精度が求められる作業の際、刃 […]
Read More

GA90C

Gibson EB-3のコントロールです。 中央に見える四角い箱は「GA90C」というインダクターです。 GibsonではバリトーンSWが付いている楽器に入っています。ES-345等のステレオ出力のものではバリトーンの回 […]
Read More

国産ギターに付いていたフレット

とても古い国産ギターに付いていたフレットです。 タングの先端が鋭く斜めにカットされており、ノコギリのような溝?も掘られています。 通常はスタッドが付いているだけなので、大変手間のかかる加工がなされています。 額田
Read More

ゴムパッド

私たちの自作ツールの一つをご紹介します。ギターの修理や改造・製作をする人ならば、ほとんどの人が持っているものかもしれませんが、なめらかな曲線と平面の出ている木のブロックにゴムを貼り付けたパッドです。 上面が緩やかなカーブ […]
Read More

Seymour Duncan 35th Anv

Seymour Duncanの35周年記念モデルの"JB"Modelです。2011年のプロダクトらしいのですが、初めて見ました! パッと見た目の違いは・・・。 4芯シールドケーブルではなく単芯シールド […]
Read More

12弦用イントネーションサドル

12弦アコースティックギターでの復弦との音程差を改善するために、各弦毎にイントネーションを付けたサドルを作成しました。 サドル上で弦が適正なオクターブ位置を支点とする様に、細い復弦はネック寄りに、太い巻き弦はボディエンド […]
Read More

ネックセットプレート

こちらはMusicMan Clasic StingRay5のネックセットプレートです。 普通に長方形なのかな?と思っていたら、ネックエンドの方向に向かって微妙に広がっているんですね。 ご存知でした??? 額田
Read More

70’s Fenderのリフレット

70’sのFenderではヘッドトップにラッカーが吹いてあって、経年変化でかなりオレンジ色に黄変します・・・。個体によっては1フレット~2フレット付近の指板までラッカーが載っていて、微妙なコントラストになって […]
Read More

Battery Snap

当店でリプレイスメント用にご用意しているバッテリースナップです。キャビティに余裕が無い場合を除いて、バッテリースナップ交換ではこちらのパーツを使用しています。 一般的なスナップは、ビニールなどの柔らかい素材に端子が付いて […]
Read More

SH仕様のRandy V

元々、1ハムバッカー仕様だったJackson Randy Rhoads ModelをSH仕様にしてみました。 24フレットで1Hという仕様のRandy Vというのもなかなかお目にかかりませんが、フロントにシングルコイルと […]
Read More