Monthly Archive:: 2013年07月

アーム折れ

シンクロナイズドトレモロのアームバーは頻繁に使うプレイヤーであれば、一度は折ってしまった事があるはず・・・。 WSRにもブロックに残ってしまったアームを取り出すという修理のご依頼が結構多いです・・・。 折れたアームの取り […]
Read More

Bigsbyの・・・。

 Bigsbyのビブラートテイルピースにはストラップピンを取り付けするためのスロットが開けられているんですが、どうも幅が狭くて取り付けるストラップピンの種類が限定されてしまいます。 どうしても・・・という場合に […]
Read More

ユニークなジョイント

コチラはBuscarinoという大変珍しいブランドのネックジョイントです。 ジョイント方法が非常にユニークで、ボディー側の凸面とネック側の凹面を合わせるようになっています。精度の方も非常に高く、ぴったりと合わさって2点の […]
Read More

マスキングテープ

3M Scotch/マスキングテープ243J WSRの工房で活躍しているマスキングテープです。 塗装用マスキングテープとなっていますが、塗装以外の用途でも幅広く活躍しています。 メリットは ・適度な接着性がありのり残りが […]
Read More

ボックスレンチ

写真は額田が使っているレンチ(右)と私が使っているレンチ(左)です。 違いが分かりますか? もちろん使っている年数が違うので見た目が違うのは当たり前ですが、 このセットはサイズが違うんです。 私のは8,9,10,11,1 […]
Read More

3SのJM

Squier Jazzmasterを3S仕様に改造してみました。 それに合わせて、トグルSWを5wayレバーSWに変更して、VolumeとToneの位置も変更しています。 サウンド的にも、コントロールの配置的にも使い勝手 […]
Read More

トースターPU

60年代のRickenbackerのトースターPUです。現在のヴィンテージシリーズに搭載されているものとはベースプレートの形やポールピースの太さが違います・・・。 特筆すべきは、ポールピースのランダムな配列ですね。 フロ […]
Read More

タングニッパー

コチラは「タングニッパー」というリフレットに使う道具です。 セルバインディング付きのネックは予め、セルの部分のフレットの足(タング)をカットしてからフレットを打ち込まなくてはなりません。 タングをカットするという意味では […]
Read More

Agular OBP-3配線

シリアルNoは伏せています AgularのプリアンプOBP-3の配線を行った様子です。プリアンプやGK等の配線の多い物の組み込みは配線ラインを少なくまとめ、向かい合うパーツや配線がなるべく平行になるように配置していくと、 […]
Read More

フィンガーランプ2

先日のmtdの5弦ベース用にフィンガーランプを作成しました。 ランプの頂点と弦の間の距離をどれくらいにするかは三者三様ですが、一般的に距離が近ければ近いほどコンプレッション感が強くなり、音の粒は揃いやすく指の素早い往復も […]
Read More