Monthly Archive:: 2014年05月

間隔

上の定規も下の定規もナット溝の間隔を決める為の定規なのですが、 上のものは弦の中心に対して等間隔、下のものは弦の端から等間隔になっているんです。 ギターや多弦ベースなど用途に応じて使い分けています・・・。 額田
Read More

ピックガード加工

ヴィンテージのピックガードは殆どが縮んでしまったり、歪んでしまったり、その結果色々と都合が悪くなってしまいます。 写真はその結果ピックアップの耳の部分が隠れてしまい、高さ調整が行えなくなってしまっています。耳の部分以外は […]
Read More

GE1996T

GOTOHから発売されているGE-1996Tというトレモロは Floyd Rose Originalとベースプレート自体のサイズがほぼ同じに出来ているんすよ・・・。 スタッドアンカーはFloyd Roseのそれよりも太く […]
Read More

ありがとうございました!

5/11の「第2回亀田杯ベース選手権大会」にご来場いただきました皆様、 どうもありがとうありがとうございました!!! 無料診断会の方も「ふれあい広場」の開場中、殆どの時間が予約で埋まってしまいましたので、お一人様15分か […]
Read More

撮影

某社さんが輸入代理店を務めるポリッシュのカタログ用の撮影です。 結構時間をかけて、色々な写真を撮られていかれましたが、どの写真が採用されるかはわかりません・・・。 そのうちの何枚かは私も「手タレ」として出演しています(笑 […]
Read More

Open sesame!

こちらはIbanezのギターに付いていたトラスロッドカバーになります。ネジを外さずとも調整口が開く構造になっており便利です。Warwick等もネジを外さずに開く事が出来る構造のトラスロッドカバーを採用していますね。Iba […]
Read More

特定のポイントで音詰まりや極端なビリつきが生じてしまっている場合、ネックの反りやフレットの浮き・部分的な磨耗等が可能性として考えられますが、意外と盲点なのが弦が折れてしまっている事です。 上記画像だとちょっと判り辛いです […]
Read More

Music Man/John Petrucciノブ

Music Man/John Petrucciモデルに取り付けられているノブです。 一見したところ取り外し方が判りませんね。ゴム(周りの凸凹した部分)を外すと下の写真の様にイモネジが見えてきます。このネジを緩めてあげれば […]
Read More

コネクター接続

国産カジノの配線の一部です。 生産性を上げる為だと思われますが、こういった配線方法もよく見かけます。ただこの方法ですと使っているうちにコネクターの自重で段々と外れてきてしまうんですよね。 お持込された時もやはり音が出なく […]
Read More