ピックガード作成を行う際はもとの型を修正してから作成しております。殆どが外周に凸凹した部分を持っており、ビス穴が開いている部分は経年変化でガード材が縮み、ビスに押されてその部分が膨れ上がってしまっていたり、割れてしまって […]