Monthly Archive:: 2015年03月

手袋

普段、作業をしていると木粉や骨粉で手が結構汚れるんですよね・・・。そんなときにどうしても汚れた手で触りたくないものがあった時に大変重宝しています。 本当はもっとぴったり手にフィットする薄手のゴム手袋が良いのですが、何せお […]
Read More

今日はこれから・・・。

指板面の着色とクリアの塗装が終了したネックです。 これから水研を行って、バフがけ、フレットのすり合わせの工程へと進んでいきます・・・。 ローズやエボニーの指板の物と比べると、行うべき工程がやたらと多いので、それなりな時間 […]
Read More

mm&inch Scale

ミリの目盛り表記に加えて、日本国内では中々入手が難しい、インチの目盛り表記のあるスケールになります。 世界的計測器・工具ブランドのEmpire社のスケールで、当社スタッフがGibsonのファクトリー見学に行った際、お土産 […]
Read More

クロコダイル

Crocodile Lock Tuner(上)とGotoh/Magnum Lock(下) こうして比較してみると改良が施されて現在の形に行き着いたのが見て取れます。ペグポストを比べてみるとクロコダイルは円柱状になっており […]
Read More

転写シート

「WSR」の転写シートが発掘されました・・・。 確か、写真の白の物と黒の物があったのですが、白のみ30枚ほどあまっていました・・・。 20年以上前の代物なのですが・・・。何となく黄ばんでいるので、もうこれを使うことは無い […]
Read More

スムーズ

GOTOH GB350のギヤ部です。 通常、この部分はグリスでギトギトな感じになっているのですが、LUBRI-PLATEというテフロンを配合した潤滑複合メッキ層を施してあるそうで、この様にとても綺麗で精巧なつくりになって […]
Read More

端子

細かい話なんですけど・・・。 CRLのレバーSWのコモン端子(写真中央の端子)って、穴の形が微妙に違うんですよね・・・。 ご存知でした??? 額田
Read More

減り具合

リフレットでお持込頂いたギターのフレットを抜いて、クラウンの高さを測ってみると・・・。 0,49mm! まんべんなく減っていて、凹凸のない減り方をしていたのであまり違和感を感じませんでしたが、Fenderのvintage […]
Read More

ブリッジ下

Tune-o-muticのタイプのブリッジはある程度ネックの差し角が必要となり、角度が浅いとエレベーション(弦高調整用のスタッドについているナット、写真はスタッドと一体になっているタイプですが)がボディトップ(ピックガー […]
Read More

USAWilkinsonシンクロ

こちらはUSA製Wilkinsonのシンクロブリッジです。 シンクロタイプのブリッジでは、6弦・3弦のサドルはオクターブ位置によって、大きく後ろの方に下げる事も少なくありません。 そんな中、いわゆるヴィンテージスタイルの […]
Read More