Monthly Archive:: 2015年09月

こんな商品もありました

HJB-62JP  製作時期 1996 HMG-69KC 製作時期 1996~ HST-62HB 製作時期 1996 昨日に引き続き、過去に店頭販売していたモデルです。 この当時、レリックという新しい概念が大きなニーズを […]
Read More

HST-71 Neo Vintage”REAL DUCK”

HST-71 Neo Vintage”REAL DUCK”  製作時期1999 当時、イケベでオーダーしていた極うすラッカー仕様のSTを レリック風にしたものです。 下地に白を吹いてもらっていたの […]
Read More

これは・・・

お預かりした楽器の中にはかなり手の込んだ改造が施されている場合もあります。 今回の写真の場合はなんとペグをロックタイプのペグに改造されていました。 PRS/PhaseⅡ風にペグポストの上部から弦をロックできるようになって […]
Read More

MiniCTS

CTSのミニサイズのポットです。 いわゆる16Φサイズとなっており、 通常のサイズではボディやパーツ等と 干渉してしまう場合等に便利です。 国産ポットの16Φサイズの物が用いられている楽器で、 ザグリが小さい場合等に役立 […]
Read More

CINAMON

ESPのBardicに搭載されていた、 同社プリアンプの「CINAMON」です。 3バンドEQとなっているのですが、 このプリアンプの特徴としてTrebleのコントロールに工夫があり、 ブースト時にはアクティブサーキット […]
Read More

補強の方法

まだ途中ですが、補強ありのネック折れ修正です。 ネックの折れ方やトラスロッド入っている深さによっては ネックを削ってあて木を貼り付ける方法よりも有効な場合があります。 シースルーカラーの場合は補強材が見えてしまいますが、 […]
Read More

本日

毎年ご紹介しているLOYAL TO THE GRAVEの主催する BLOOD AXE FESTIVALはいよいよ本日です!!! お時間ある方はぜひどうぞ!!! 額田 2015/9/22(TUE) @ KAWASAKI C […]
Read More

ブリッジ剥がれ

ブリッジが剥がれ修理、写真は仮抑えの段階の写真です。 このようにあて木を作成しクランプで抑えるようにするのですが、 表から見えないボディー内部のあて木の調整はブレーシングがある為、 なかなか理想どおりの部分にクランプを当 […]
Read More

もうすぐ10,000本

25年前に修理の業務を始めてから、 お客様にお渡しする手書きの伝票には通し番号を付けて来たのですが、 もうすぐ10,000本です!!! ここ15年位はお客様からのお預かりのギターよりも 店頭で販売する商品の改造や修理が非 […]
Read More

ロックナット

フロイドローズやケーラーブリッジ等が搭載されたギターでは、 多くの物がロックナットが用いられており、 ナット部で弦が挟み込まれて固定されています。 牛骨等の一般的な素材・通常の構造のナットと比べて、 適正な使用方法であれ […]
Read More