Monthly Archive:: 2015年10月

FenderのAmericanシリーズ等で用いられている、 表側からはナットで、裏側はペグ本体より飛び出た 2本のツメで回転を防止しながら固定するタイプのペグです。 Fenderのラインナップでは上記構造の同寸のペグで […]
Read More

CustomCTS

左:標準現行品 右:CustomCTS 最近CTSのラインナップに追加された、 CTS史上で過去最高に残留抵抗を抑える事で、 ボリューム0時の音漏れやフルアップ時のロスといった 問題を大きく改善する事に成功した、 「Cu […]
Read More

1600U

DiMarzio 1600Uというフレットです。 他のフレットと違って、カットした単品売りをしていないので、 楽器店の店頭でお目にかかることは無いと思いますが、 幅2.6mmx高さ1.18mmのミディアムサイズと言われる […]
Read More

グリコ

昨日、西山君が湯せんにかけていた牛骨OILナットです。 一度に100本くらいを作るのですが、結構あっという間になくなります。 20年位、作り方は変わりませんが、 現在はグリコの缶で作ってます!!! 額田
Read More

ポット交換

Rick Turner/Renaissanceのポット交換です。 ボディーの中を6弦側を経由して配線が取り回されております。 さすがにこういった取り回しになると、 紐で引っ張ってやらないと難しいですね。 紐をくくりつけて […]
Read More

Luminlayサイドポジション

お客様よりお預かり頂いたギターに 「Luminlay」という畜光素材のサイドポジションを 取り付けさせて頂きました。 サイズや色・用途等いくつかラインナップがあり、 上記画像の物は黒いフチの付いた青色の サイドポジション […]
Read More

○ストリングガイド

テレキャスタータイプのギター等に用いられる 上記画像の丸型のストリングガイドの裏側には、 弦がずれないように溝が2本施されています。 使用していく間にビスが緩む等の理由により ビスの締め直しや再取り付けをする場合は、 溝 […]
Read More

左仕様

HJG-66 LH  製作時期2008~ Fender JapanのHJGのシリーズは1995年から 15年近く作り続けた人気機種だったのですが、 生産が終了するまでに何本かの左仕様のものも作っていたんですよね。 確か他 […]
Read More

グリップ

いつもリフレットのときに使っているクランプに テニスやバドミントンで使うグリップを付けてみました。 元々、このクランプはグリップが木製なので、 汗でやたらと滑るんですよ・・・。 コレで作業性の向上間違いなしですね・・・。 […]
Read More

ポールピース

Fender/NoislessPU 実はリアの弦間ピッチがフロント&センターと違うんですね。 上がセンターPUの写真、下がリアPUの写真です。 フェンダーヴィンテージタイプのトレモロユニットの弦間ピッチ(11.3mm)に […]
Read More