Monthly Archive:: 2016年04月

EnglishMount

お客様よりPU交換をご依頼頂いた際に お持込頂いたTVJonesのPUです。 主にGretsch等にダイレクトマウントにて搭載されている TVJonesのFilterTronタイプピックアップですが、 オプションパーツを […]
Read More

ほくろ

楽器によってはポットの横の部分に 小さな穴が開けられている物があります。 この穴にポットの突起部を差し込んで 取り付けを行うことで、 ポットが緩んだ際の空転による配線切れ等の リスクを軽減しています。 しかし、あまりにも […]
Read More

スカンク

お預かりしたギター(Rickenbacker)ですが、 塗装の剥げ具合やクラックの入り方など、 歴史を感じますね。 特に写真のネック裏のこの感じは何だかカッコイイですね。 塗装が剥げ落ち、裏のスカンクストライプがはっきり […]
Read More

計測

フィンガーランプの製作はまず計測が大切です・・・。 楽器1本1本、指板Rも違えば弦高も違います。 当然の事ながら、プレイヤーによって ランプから弦までの距離もかなり違ってきますからね。 よって、同じ楽器でも一度に大量に作 […]
Read More

チューナー

私が使い続けていたチューナーです。 KORG[DT-7]現在は生産終了となっており、 低価格帯でバズフェイトンチューニングに対応している機種は、 もう無いんですよね。 しかし、そろそろ限界を向かえてきましたので、 交換す […]
Read More

裏パネル

PGだけでなく、 裏パネルにもブランドやモデルにより 様々な材料が用いられています。 ピックガード等と同じ樹脂製の物や、 上記画像の木製のタイプ、金属製の物等もあります。 外観はもちろんの事、絶縁性や重量等によって、 サ […]
Read More

可変抵抗器

割れたツマミ部/抵抗器本体はビス止 ホイールタイプのツマミが付いた薄型の可変抵抗です。 薄くてスペースを取らない為、 楽器に対してはPU付きのフルアコのPG部分等に 搭載されている事があります。 今回はツマミの部分が破損 […]
Read More

アーム折れ その2

今回は前回ご紹介した逆タップ/エキストラクターを使用しての作業をご紹介します。 アーム折れの取り出し作業になります。。 以前のブログでは、特殊な加工を施したドライバーで取り出す方法でしたが、 今回は逆タップを使用した方法 […]
Read More

EJK1000

最近、Ibanez Edge、Lo-Pro Edge、Edge Proトレモロ用に EJK1000というイントネーションアジャストツールが発売になりました。 こんな感じで、サドルの部分とベースプレートのファインチューナー […]
Read More

逆タップ

治具のご紹介です。 写真は逆タップ/エキストラクターと呼ばれる、 折れビスやネジ山がなめてしまったときに取り出すための道具になります。 通常とは逆回転で対象に入っていく構造になっていますね。 これが鍵となるわけですが、 […]
Read More