ナット加工

Img_1355

削ったレンチでも入らずに仕方なくナット下部を削った写真です。
ヘッド側からロッドを調整する時にパイプレンチが入らない事が良くあり、
殆んどの場合においてレンチが差込口の下側にあたってしまい上手く回せないときがあります。
そういった場合はレンチの外側を削り壁を薄くする事によりしっかりと奥に入るようにするのですが、
こちらは逆にロッドワッシャーが上がり過ぎており、
レンチがナットに当たってしまい差し込めない状態となっておりました。

同じくレンチの加工で対応できるかと思ったのですが、
今回の場合はレンチを加工したやり方ですと確実にレンチの壁を削り取るくらいロッドが上に来ているので、
レンチ加工は断念してナット加工という手段になりました。
あまりこういったところは異常がない限りは手を入れたくないのですが・・・

ちなみに下の画像は以前に加工したレンチです。
まったく入らなかったのでかなり削った為薄くなり、2回ほど使用出来ましたが結局割れてしまいました。

Img_1380

西山