Img_0152

特定のポイントで音詰まりや
極端なビリつきが生じてしまっている場合、
ネックの反りやフレットの浮き・部分的な磨耗等が
可能性として考えられますが、
意外と盲点なのが弦が折れてしまっている事です。

上記画像だとちょっと判り辛いですが、
チューニングを緩めると弦が折れてしまっていました。

Img_0153

強い押弦を弦を交換しないまま長期に渡って行ったり、
ケース等にしまっている間に力が加わってしまい、
弦がフレットに押し付けられ折れ曲がってしまう事があります。
こういった場合は弦の交換のみでも対処出来ますので
突然音詰まり等の症状が出た場合は確認してみると
余計な手間隙を掛けず改善出来るかもしれませんね。
また、保管しておく時はフレットガードを使用することや
弦とフレットの間にクロスを巻いておく事などで
防止する事が出来ます。

大久保