Destroy

1

ポットやジャック周りの部品等は
頻繁に力が加わる部分なので
どうしても緩みやすいですが、
ナットやネジを締める際には色々と
注意が必要です。

締め込むナット・ネジ側と、
受け側のネジ山がしっかりと
噛み合っている状態で締めてあげないと
破損の原因になります。

ネジ山が壊れて緩くなってしまったり、
途中で引っ掛かってしまい
動かなくなってしまう事もあります。

そうなってしまうと部品を破壊しないと
外す事が困難になってしまい、
パーツごと交換が必要になる事も多いです。

2 噛んでしまったナット部を破壊して摘出

楽器だけに限った話ではありませんが、
基本的にはネジやナットを取付・締込む際には
一度締め込むのと逆方向(多くは反時計回り)に
ゆっくりと優しく回し「カチッ」と双方のネジ山が
噛み合った事を確認してから締め込んでいきましょう。

ストラップピンやPGビス等もこの手順で
締めてあげると長く持ちます。
また、ポットやジャック等の電気パーツの場合は
しっかりと反対側からパーツ押さえ、
うっかり配線を切ってしまわない様に
気をつけると不要なトラブルの発生を
減らせるかと思います。

大久保