切削潤滑材

Img_0829 金属加工に欠かせないツールとして活躍している、
タッピングコンパウンド(切削用潤滑剤)です。
金属加工の作業の際に重宝しております。

金属プレートの穴あけやねじ切り作業の際に使用しており、
何もつけずに金属の加工をした場合、
切削工具やパーツに熱が加わりすぎてしまい、
工具(ドリルの刃など)をダメにしてしまったり、
切削跡が綺麗に仕上がらなくなったりしてしまいます。

その為、熱(摩擦熱)の発生を抑えるためにこういった潤滑油を使用しております。

ドリル刃の切れ具合や仕上げ、作業効率の面でも、
使うと使わないでは格段に変わってくるんです。

西山