クリーニング

Photo

普段のお手入れで楽器をクリーニングする際、
なるべくパーツ等は外して行った方が
キワの部分まで磨ける為、望ましいです。
しかし、工具の持ち合わせが無かったり、
一度外すと全体的な再調整が必要といった、
外す事が手間な部分や構造の楽器もある為、
お客様自身の手ではなかなか手を
付けづらいという方も多いかと思います。

Photo_2 PRSペグ 外す際に要分解

Photo_3

調整等の内容でご依頼頂いた際には、
可能な限り綺麗な状態にしてお渡しさせて頂きます。
是非ご検討ください。

大久保