JG.JMスライドSW

001_2

002

ジャガーやジャズマスター等で用いられる、
スライドスイッチの内部構造です。

ブランド等によって若干の違いはありますが、
基本的には飛び石の様に配置された端子上を、
橋渡しする金具がツマミと連動して動く構造となっています。

2枚目画像の左手前に見える銀色の金具が、
全体のパーツをまとめ、固定する役割となっていますが、
ご覧のとおり小さなツメ4点で固定しているだけの為、
使用していく内に緩んでしまいガタつく事があります。
ピックガード上のスイッチのネジをしっかり締めているにも関わらず、
スイッチがグラグラする場合はこの部分が問題となっている事が多いです。
こういった部分も全体的なお手入れの際にでも確認しておくと、
急なトラブル発生の抑止になるでしょう。

大久保