PAT.PEND.

001

初期のGrover 102です。
「PAT.PEND.」の刻印が入っています。

002

別の角度から見ると、
この頃はまだベースプレートとハウジングの溶接がなされてなく、
裏からかしめられています。

構造的にクルーソンタイプの延長線上に進化したというのが、
よく分かりますね・・・。

額田