消耗

001

002

HipshotのDチューナーペグです。
通常のチューニングとダウンチューニングの切替を
操作するレバー先端部分と触れ合うプレート部が、
長い間繰り返し使用された事で消耗が生じています。

新品時には上記接触部は潤滑剤が塗布されているのですが、
長期の使用や乾燥等による理由から潤滑剤が
失われた状態で使用し続けると、
上記画像に様に磨り減ってしまう事があり、
動作が滑らかでなかったり不安定になってしまいます。
こういった状態になった場合、
消耗部を研磨し滑らかにした後にグリス等を充填するか、
新しい物へと交換となります。

弦交換等の際に接触部にグリス等を補給してあげる事で、
動作のスムーズさを保ち、パーツ自体も長持ちします。

大久保