リプレイスメントパーツのススメ!第39回「E-Z Peg」

みなさんこんにちは!

1

今回ご紹介させて頂くパーツは、
アコースティックギターのブリッジピン部の
リプレイスメントパーツである、
「E-Z Peg(Easypeg)」というパーツです。

2

こちらは独自の構造を持った
ブラス製のブリッジピンであり、
音色へのアプローチやサスティーン向上、
弦・ボディへの負担軽減を狙ったパーツになります。

3

4

スリットの切られた側と反対には弦通し穴が開いており、
その穴を介して弦を張る事で、
弦が急な角度で折れてしまう事無く、
安定性の高い弦の張り方が可能です。
サイズについてはボディ内に入る部分の軸の直径が
約4.92~3mmとなっており、テーパーは付いていません。

5

6

通常のタイプのブリッジピンの場合、
ボールエンド部がネック側に出る為、
一度逆アングルないし真上へと弦が向かう事になります。
そこからサドル・ヘッド側に弦が貼られると、
弦がかなり急な角度で折れる事になり、
弦自体や接している木部にとっても、
大きな負担が掛かる部分の一つとなっています。

E-Z Pegでは前述の様に滑らかな角度で弦を張ることが出来、
弦の張り始め周辺に掛かる力もピンとボディが
満遍なく受け止めてくれる構造となっています。

7

8

サウンド面での変化としては、
搭載する楽器の仕様や他のパーツ等の要素との組み合わせにもよりますが、
多くの楽器に用いられている樹脂や木製のピンと比べ、
金属的な響きや音の立ち上がり感が付加され、
ローの出音がスッキリして分離が良くなる印象がありました。
単純に低音成分が減るという変化というよりは、
ボヤケがちに聞こえてしまう余分な空気感や、
曖昧なピッチ感が整理されて音が通る様になる印象です。
同じブラス製の一般的構造のブリッジピンと比べても、
このクリアな音像や音程感は一線を画しており、
そういった効果は先ほどの弦が張られる角度・安定性から
得られる影響も大きいのではないかと感じました。

また、サスティーンに関しては音が伸びよりも、
各弦の立ち上がりから減衰に至るまでのタイム感の
バランスが良くなったように感じられ、
ストローク・指弾き共に気持ちよく弾く事が出来ました。
今回ご紹介したE-Z Pegですが、
現在数量限定にて特別価格にて販売中となっております。

http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/405384

現在入荷分が完売次第、
次回入荷の予定は2015年6月時点では御座いませんので、
気になる方は是非是非お早めにお買い求め下さい!

※販売ページの価格は2015年6月15日時点での販売価格となります。
販売価格・在庫状況は告知なく変更となる事が御座います。
予めご了承ください。

大久保