Tone Styler

001

StellartoneというブランドのToneStylerというパーツです。
内部にハイカット用コンデンサーが組み込まれた、
パッシブトーンコントロール部分の交換用パーツで、
オーディオ機器等で用いられているような、
クリック付きのロータリー式のポット(※)となっています。
※厳密に言えば機構自体はスイッチに該当すると思われます。

上記画像の2015年現行タイプでは6・10・11段階の、
3種類のポジションが選択出来るToneStylerが
ラインナップされている様です。
フルテン状態でコンデンサーや抵抗を
一切介さないバイパス状態に始まり、
段階に応じてStellartoneが考える、
各ポジションに最適な抵抗等を用いる事で、
最もスムーズな動き且つ、
必要な音域をロスしない音色となるように
調整が施されたポットとなっております。

一般的構造のトーン回路では美味しい音が出るポイント、
所謂スイートスポットは多くとも3・4箇所程度だと
私は感じる事が多いですが、
こちらのToneStylerではどのポジションでも
非常に音楽的で「使える」音色を得ることが出来、
ポジションがはっきりしている為、
本体側では正確に同様のセッティングを
再現することが出来るという利点もあります。
パッシブ回路なのも嬉しい限りですね。

大久保