フレットの進化

010

古い国産ギターに付いていたフレットです。

過去にも何度か紹介していますが、
こちらのタイプもスタッドに相当する部分が無く、
後からタングの底面に楔を入れているようです。

しかし、楔の入れ方が均一な事から、
手加工によるものでなく、機械で行われているものと想像されます。

国産ギターのフレットの進化は
スタッドなし→手加工による楔付き→機械による楔付き→スタッド付き
という流れになるようですね・・・。

額田