バンジョーカスタムのススメ!番外「GoldTone The Ultimate Banjo Mute」

みなさんこんにちは。
今回は久しぶりにバンジョー用の
アクセサリーをご紹介させて頂きたいと思います。

1

バンジョーは生弦楽器の中でも音量が非常に大きい部類で、
練習時等の環境下では少しでも音量を押さえたいと
思っている方も多いかと思います。

音量を抑える為の手段としてはリゾネーター内部に
布等を詰める事でも抑制する事が可能ですが、
通常の状態に戻す・また詰め直すという事が手間であり、
実用・練習と頻繁に繰り返す場合は不向きです。
加えて布の重量も集まると意外と重く感じられ、
バンジョー自体重量のある楽器ですから、
少しでも練習時は疲れにくい状態で使用したいものですよね。
また、元々音量は小さめですがオープンバックタイプには
基本的に上記方法は使えません。

22

そんな爆音のバンジョーの音量をお手軽に軽減出来るのが、
Gold Toneよりラインナップされているバンジョー用ミュートの、
「the ULTIMATE Banjo Mute」です。
Gold Toneはバンジョーやマンドリン等の本体を含め、
アクセサリー類やパーツ等も扱うブランドです。

33

44

U字型の真鍮製のパーツで、
U字の内側部分にに振動を軽減する柔らかい素材が
貼り付けられた構造となっています。
これをサドル部分に挟み込んで使用します。

55

取付・取外しも非常に簡単でありながら、
消音効果も意外としっかり得られます。
楽器との組み合わせや演奏法・チェック基準や環境、
各々の主観といった非常に多くの要素が絡む為一概には言えませんが、
簡易的な設備をバンジョーから約40cmの距離に設置してのチェックでは、
今回の楽器においてはピークポイントで概ね全体的に10db程度(※)軽減されました。
練習用のバンジョーと割り切っている物であれば、
前述のリゾネーター内への詰め物と併用する事で更に音量を抑えられそうです。
※全ての環境・条件下において上記効果を保証する物ではありません。

また、サドル部分での振動抑制に伴い、
バンジョーヘッドの振動も抑えられるため、
残響感やピッキングの立ち上がりといったバンジョー特有の
サウンドキャラクターがソリッドな印象にシフトされた印象を受けました。
レコーディング時やライブの際の環境等に合わせて、
サウンドへのアプローチとしての使い方も面白いと思います!

今後もギター・ベース以外のパーツもご紹介していけたらなと思っております。
それでは、また来月。

大久保