TLPU(R)

1

2

最も一般的な構造のテレキャスター用リアPUです。
裏側に金属のプレート(※)が取り付けられており、
ジャキっとしたテレキャスサウンドの特徴を
形成している重要な要素の一つです。
※多くのブランド・モデルでは銅メッキのスティール製

テレキャスターモデルではブリッジの弦アースを、
「ブリッジ→PUビス→RPUプレート→全体のアース」
という流れで落としている物が多い為、
こちらのプレートが無い仕様のPUへと交換を行う場合は
新たにブリッジ底面等から弦アースを取る必要があります。

また、PUビスやブリッジといった上記パーツが
酸化する等してしまう事で弦アースの繋がりが
不安定になる事がある為、サビやクスミが出ている場合は
早めにクリーニング・交換した方がトラブルを回避しやすいでしょう。

余談ですが、SeymourDuncanよりラインナップされている
「Twang banger APST-1」というモデルは、
通常のシングルコイルサイズPUでありながら前述の
プレートが用いられていたりと独特なPUです。
サウンドもゴリンとした低音とジャキッとした高音で、
ストラトでもテレキャスライクなサウンドが楽しめます。

大久保