001

演奏中に手が触れやすい部分の周りの
金属パーツは日々のクリーニング等を行わないと
錆が生じる等の劣化が特に起き易いです。

弦高調整のサドルイモネジやPGビス等は、
完全に溝が錆により埋まってしまったり
固着してしまった場合に摘出が困難になります。

外観を綺麗に保つだけでなく、
実用面の為にも楽器使用後や現交換の際には
なるべくクリーニングを行う事を習慣にすると、
楽器も良い状態で長く使用出来るでしょう。

大久保