リプレイスメントパーツのススメ!第52回「Montreux JG/JM saddle set」

1

みなさんこんにちは。
今回紹介させて頂くパーツは、
Montreuxより販売されている
「Montreux JG/JM Saddle set」です。

JG/JMのブリッジ・サドルネタ何回目だよ。
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが…
それだけこの部分については良くも悪くも
プレイヤーが改善したいと思っている点が多く、
希望の改善度合い・変えたくない部分も人それぞれです。
それに対して大手ブランド様から個人工房様までが
様々な形で提案を行っている部分であり、
選択肢が多い個所なんですよね。
JG/JMのブリッジ・サドルが抱える問題点については、
過去の本コラム等を参考にして頂ければ幸いです。

2

さて、今回のサドルはどういう物かと言うと、
通常のサドルと形状・構造は基本的には
同じ形態を採っていますが、
サドル中心部の溝が広く深くなっています。
これにより弦落ちへの対処をしている他、
材質にブラスを採用することでサウンドへの
アプローチも可能なサドルとなっています。
また、弦溝の角度も微修正されており、
振幅や音程感の安定にも一役買っています。

3

サドル幅は11mmとなっており、
FenderUSA・Japanともに対応可能です(ビスやイモネジはミリ規格)
今回はFenderJapanのJMへ取り付けを行いました。

4

5

外観はこのような感じになります。
メッキ処理が施されていない為、
色は真鍮の物になりますが、
形状の外観がほぼ変わらないので
純正サドルのトラディショナルな雰囲気も程よく残っています。
今までのコラムで紹介した物は見た目が…と感じていた方も
これなら気になりづらいかもしれませんね。

6

弦落ちついては、ネックの差し角や構造、
その他のパーツにもよるので一概には言えませんが、
少なくとも私がわざと弦落ちさせるつもりの
ピッキング角度・強さで弾かない限りは、
今回の個体では相当ハードに弾いても弦落ちは発生しませんでした。

サウンドについても、メッキ無し真鍮サドルという事で、
やや低音に厚み・太さのある輪郭が付加されたと感じました。
それでいて、「Mustang adjustable saddle set」のコラムでも
触れたような「濁り・滲み」や「揺れ感」は純正の物と
非常に近い響きが感じられました。
形状が近いというのも要因としてあるかもしれませんね。
なんとなく、ムスタングタイプサドルやその他の
ギザギザの無い様なタイプのサドルだと、
音の手触りと言いますか、質感と言いますか…
純正と比べるとパリッとしすぎる傾向があると感じる事が多いです。
もちろん、そういったサウンドも魅力的ではありますが、
純正サドル特有の高音域のザラつきや暴れ具合、
空気感は多少なりとも影を潜めてしまいがちだと感じます。
今回のサドルはそういった部分もしっかり残っていますね。

7

取付・調整の際の注意点としては、
これはどのJG/JMサドルでも同様ではありますが、
溝が少し深くなっている分、
ブリッジ台座全体の高さ調整と、
サドル部での弦高をバランス良く取り、
オクターブビスと弦が干渉しない様に調整する必要があります。

また、弦間ピッチについてはサドル中央に固定になる為、
少し内側に入れたい・外側に配置したい、といった事は
基本的には出来なくなります。
楽器によっては1・6弦の指板・フレット上での弦落ちが
発生し易くなる事もある為、
交換を試してみようという方は事前に
現在のサドルで弦がどの位置にあるのが丁度良いのか、
ネックとボディのセンターに著しいズレが生じていないかを
確認しておくと良いでしょう。

もちろん、当工房で楽器の状態を確認させて頂きながら
ご相談する事も可能ですので、
お気軽にご来店お待ちしております。

大久保