リプレイスメントパーツのススメ!第54回「SeymourDuncan TS-1/Triple Shot」

001

みなさんこんにちは。
お客様より直接お持込頂いたパーツで、
残念ながら国内では正規代理店では
ラインナップされていないモデルになりますが、
面白いパーツなのでご紹介させて頂きたいと思います。
SeymourDuncanの「TS-1/Triple Shot」という
小型スライドスイッチ付きのエスカッションになります。

ふたつのスライドスイッチの組み合わせにより、
ハムバッカーPUの
・シリーズ
・パラレル
・外側単体
・内側単体
と、4パターンの出力が可能になります。

今回は入手時よりエスカッションマウントによる
ハムバッカー改造が施されていたというムスタングに
交換・搭載を行いました。

肝心の基盤・配線部の写真を用意し損ねてしまった為、
本国オフィシャルHP商品ページ(http://www.seymourduncan.com/accessory/triple-shot-flat)
画像は上記サイトで確認して頂けると幸いです、申し訳御座いません…
スイッチ部に直接半田付けするのではなく、
PUからの配線を繋げる為の基盤がスイッチ下部より
伸びた先に別途用意されている構造となっております。
今回はPUの裏に付属の両面テープにて固定・配線しました。

また、エスカッション下部のピックガードが
過去にシングルからハムバッカーサイズに拡張加工された段階で
ピックアップに対してほぼ遊びが無い状態となっており、
配線を通すクリアランスが狭すぎる事で断線の恐れがあった為、
適切なサイズまで拡張加工も行っております。
使用するピックアップのサイズやカバーの有無、
マウント方式やザグリ・ピックガードの形状によっても
取り付けに際して加工が必要かどうかは変わってきますね。
なお、同社のTrembuckerシリーズはPU自体の横幅が大きい為、
残念ながら今回のエスカッションは対応しておりません。

お持込頂いたサイズ・形状以外にも、
ブリッジ用・フロント用・フラット用・アーチトップ用、
カラーも黒・クリームとラインナップされており、
スイッチの増設がしにくいセミアコやフルアコ等で
音色のレパートリーを増やすために
使用する場合も役に立ちそうですね。
省スペースでハムバッカーPUにおける主要な
出力パターンを得ることが可能な有用なエスカッションだと思います。

大久保