リプレイスメントパーツのススメ!第55回「PRS 3Way PushPull KIT」

みなさんこんにちは。
今回ご紹介させて頂くパーツは、
PRSよりラインナップされている
「3-Way Push/Pull KIT」です。


5WAYロータリースイッチの仕様から、
トグルスイッチ及びトーンポット部での
R&Fピックアップのコイルタップ仕様へと
変更が可能なプリワインドキットになります。
もちろん全てのパーツが特注等の
PRS純正パーツとなっており、
元々ひとつひとつが比較的高額なPRSパーツではありますが、
個別にパーツを揃えるよりも
かなりお買い得となっています。

5WAYロータリースイッチの仕様の場合は、
演奏中に不用意に動いてしまう心配は
殆ど皆無だと言っていいですし、
スタジオワーク等では扱い易いと思います。
しかし、逆に急な操作がし辛いといった声が
多かったのも事実であり、
そんな要望を受けてか現行品では
Custom等の定番モデル等も含めて
5wayスライドSWやトグルSW仕様等に変更されていますね。

一方、トグルSW+タップスイッチの場合、
トグルSWは多数のギターに採用されているので
多くの方が操作性も知っている通り、、
お馴染みの素早い切替が可能な他にも、
タップスイッチが別途搭載される事で
5WAYスイッチでは出す事が出来なかった
RPU・FPUそれぞれ単体使用時でもタップ状態に出来る為、
よりシングルコイルらしいサウンドを求める方にも
おすすめできます。

5WAYロータリーから本キットへの交換で
出せなくなるサウンドもありますが、
(内側コイルでのシリーズ等…/
その他モデル・年式・配線方法により違い有り)
それでも単純にサウンドバリエーションは
タップ状態を含めて合計6つに増やす事が出来ますね。

ただ、RPUシリーズ→FPUタップといった切替操作の場合は
トグルSW操作とトーンポットのプルアップといった
2アクション必要になります。
そういった意味では、5WAYロータリーSWで
操作のし辛さはあるものの一箇所の操作で
全ての出力レイアウトへ移ることが
出来るというメリットもありますね。

交換に際して必要な作業としては、
当然ではありますが配線作業と、
ロータリーSWからトグルSWへの交換にあたって
取り付け穴の拡張が必要になります。

前述の様に現行品では姿を消したものの、
5WAYロータリー搭載のPRSを使用されていて、
トグルSW仕様に変更したい方にはお勧めのキットです。
ポット周りも新品に交換となる為、
消耗部品の交換等の際には併せて検討してみては如何でしょうか。
それでは、また来月!

商品販売ページはコチラ

大久保