丸型裏パネル

LPタイプの楽器等で多く採用されている、
3点のビスで固定されている丸い裏パネルですが、
この3点のビス穴位はパネル・楽器製作時の
精度や個体差、元々の仕様等によって
正確に位置関係や距離が等しいわけでは無い物も多く、
外した後は元の向きで戻してやらないと
パネルの穴とボディの下穴が合致せずに取付けが出来ない、
ビスが斜めに入ってしまうといった状態に
なってしまう事がある為注意しましょう。

どの向きでもしっかりとパネルとボディの
ビス穴が合致する楽器ももちろんたくさんありますが、
消耗感や風合いがボディとパネルでズレてしまう為、
この裏パネルに限った話ではありませんが、
基本的には元の向き・ビスの組み合わせで
外した部品は戻すのが望ましいですね。

大久保