さび取り

年代が古い楽器についている金属パーツは、
さび付いて動かなくなってしまっている場合が多く、
潤滑剤を吹きかけ、
ハンダ小手で暖めて、
凍結浸透ルブで冷やしてを繰り返すと動くようになるのですが、
今回はそれでも動かない模様・・・
潤滑剤に浸して時間を置くことに、
取り出して暖めて再び浸すを繰り返しています。
いくつか取り出す事は出来たのですが、
滑り止めを使用した形跡があり、
それが作業を難しくしているようです。

日頃のメンテナンスはやはり大切ですね。
西山