裏通し・弦長

表・裏通しの両方が可能な仕様の楽器では、
張り方に合わせて弦のスケールを
変更する必要がある場合が多いです。

張り始めの位置が表通しに対して遠くなる裏通しでは、
弦のブランドやモデルにもよりますが表通しの一つ上の長さの
スケールの弦が必要になる事も多いです。

長さが足りずにナット溝に乗る部分が
適正な太さとならないと、
開放弦でのビリつき・音詰まりや
振幅・音程が不安定となったり、
弦高バランスが崩れる等の症状が発生します。

張り方を変更する場合は、
元の弦を外す・カットする際に長めに残しておく等して、
変更後の張り方で元の弦をあてがってみて、
同じスケールの弦のままでもナット溝に
弦の適正な太さの部分が乗るかどうか
確認しておくと良いでしょう。
大久保