リプレイスメントパーツのススメ!番外「SNAPZ BRIDGE PIN PULLER」

みなさんこんにちは!
今回は久々に番外編で、
交換パーツではありませんが
お役立ちツールをご紹介させて頂きます。
アコースティックギターのブリッジピンは
サイズが小さく摘みずらく、
上手く力がかけられずに
弦交換の際に中々抜けずに困った、
というお話を良く聞きます。

サウンドホールから手を入れ、
裏側からもピンに力を加える事で
殆どの場合は外す事が出来ます。
弦のボールエンドがどのような状態に
なっているかも確認出来るほか、
微妙な力加減もし易い為、
基本的にはこの方法が望ましいと思います。

ただ、配線材等が通してある場合は
引っかけて断線させたりしない様に
注意が必要な事と、
アコースティックギタープレイヤーの方は
爪を伸ばしている方も多い為、
指先が直接目視出来ない作業は
なるべく控えたいところです。

いわゆる「ピン抜き」と呼ばれる
二股のフォーク形状のツール等も、
もちろん適切に用いれば効果的かつ各部に
傷や消耗を加えずに抜くことが可能です。
ただ基本的に梃子の原理を用いる為、
支点となる部分に負荷が掛かる事を嫌って
あまり使いたくないという方も
いらっしゃるかと思います。

前置きが長くなりましたが、
そんな時ピンの取り外しに役立つツールが
今回の「SNAPZ BRIDGE PIN PULLER」です。
こちらはBigrockEngineeringというブランドの商品で、
日本国内ではAllPartsJapanにて
流通・ラインナップされています。

ピンの頭を挟み込む為の空間と切り込みの
入った支柱・ハンドル部分と、
挟んだピンの頭のしっかりと固定する為の
リングの二つのパーツから成る樹脂製のツールです。

リングを上にあげた状態で
切り込み部分をピンの頭に差込み、
リングを下げるとロックされます。

あとは、樹脂製で傷をつけ辛いとはいえ、
不要に抉ったりせずに気をつけつつ、
上にゆっくりと引っ張り上げれば
しっかりと力が加えられ簡単に抜くことが出来ます。
また、ピンの頭のブリッジ上面からの
深さ・位置によってはロックする過程で
若干持ち上がる力が加わる為、
その段階で抜ける場合もあります。

多くのアコースティックギターのブリッジ構造で
ピン・弦以外に接触しない、
もしくは最小の接触で簡単にピンを抜く事が
出来るお勧めのツールです。

もちろん、この作業に限らず、
どの道具・手段を用いる場合でも、
楽器・状態に合わせて適切な各部の保護・注意を
行いながら作業にあたりましょう。

大久保