発掘

錆や汚れでビスの工具穴が完全に
固着・埋まってしまっています。
こういった状態の物にドライバーを
無理にあてがって回そうとしても
確実にネジがなめてしまいますので、
ネジ本体・周囲のパーツ・下穴等の
状況に合わせて判断・手順を踏みながら
作業にあたる必要があります。

消耗・破損したネジを取り外すには
色々な方法がありますが、
まずは工具穴の修復やその他ドライバーで
回せるように突起・溝等を施す事を
試すことが多いでしょうか。

今回は下穴部への錆の侵食や
固着等もなかった為、
錆を可能な限り落とした後、
しっかりと面・角の出た工具穴を
再度削り出す事のみで取り外しが可能でした。

大久保