OVALTONE様より発売されている、
巷で話題・人気沸騰中の-鵺-NUE Device(NERO)を
お持込頂いての交換・搭載をご依頼頂きました。

所謂ハイカット・トーンコンデンサー部分を
NUE DEVICEへと置き換えて使用しますが、
コンデンサーとしてだけでなく様々な複合的な回路要素で
設計・構築された回路部品となっているようです。

今回の交換では、
出音自体の太さ・厚みは豊かになりつつも、
各弦ごとの分離感が明瞭でオープンな印象になり、
非常に存在感のある音にシフトしたと思います。

また、トーンコントロールを絞っていった際の
動作としては単に高域のみが落ちていくのではなく、
エレキギターがエレキギターたる為に
必要な倍音感や音の芯はどの位置でも残りながら、
抽象的な表現ですが音やピッキングに対するニュアンスの
「間合い」を調整出来る感覚が得られました。
どの位置でもエレキギターを弾く事の
楽しさが感じられると思います。

上記以外にも音や挙動について、
ヴィンテージコンデンサーを研究の末に
作成されたというのが個人的に「確かに!」と
頷ける部分が多くあったのですが、
長くなってしまいそうなので
今回は簡易的な感想のみに留めてさせて頂きます…

今回の交換では楽器に対して良いと感じられる結果が得られ、
自身の勉強にもなる機会を頂けご依頼に感謝です。

なお、ご自身での交換・搭載を行う際は、
極性、と表現していいか分かりませんが
グランド側をどちらの足を接続するかの指定が
御座いますのでご注意下さい。

大久保