リプレイスメントパーツのススメ!第66回「Schaller S-Locks」

みなさんこんにちは!

今回ご紹介させて頂くのは、
Schallerよりラインナップされている
人気・定番ロックピンの「Security Lock」の
進化系として今年3月より国内で流通が始まった
「S-Locks」です。

以前からロックピンについての記事やコラムを
いくつか公開しており、
その中のコラムで各タイプのロックピンの
メリット・デメリットについて触れましたが、

「金属のパーツ同士で接合する物が多い為、
動いた際にパーツ同士がぶつかったり擦れる音が、
楽器の構造によってはピックアップが拾ってしまう事があります。」

と書かせて頂きました。

オフィシャルによるとS-Locksの[S]は
Schaller・Save・Silentの意味を込めているそうで、
私は前述の音が出る、という点が気になり
正直な所ロックピンがあまり好きでなかった為、
情報が公開された時から個人的にも期待していました。
「Security Lock」についてのコラムも拝見して頂けると
比較・進化が分かり易いと思いますので
そちらも御一読頂ければ幸いです。

パッケージはこの様な感じで、
なかなかお洒落で高級感があり好感触です。
こういった所が格好良いと、
より物欲を満たしてくれてパーツ交換・改造の
楽しさや喜びが増すのは私だけでは無いと思います…

部品は4点、塗装・楽器本体保護のクッションを除くと
わずか3点で構成されています。
ピン部分はRickenbackerのようなビス一体型タイプとなっており、
硬質な素材・寸法を採用し非常に強固です。
従来の様にプラスドライバーではなく
6角レンチ(3mm)に対応した構造となっています。


S-Locks


Security Lock

ストラップロックユニット側では、
ピン側と噛み合わさりロックされる部分は
こちらも非常に硬質な材質となり、
形状も磨耗が少ない物へと改良されています。

また、ストラップを取り付けるシャフト部分の長さが
SecurityLockと比べ増していることで、
ストラップの材質や状態にもよると思いますが
6mm前後までの厚みに対応可能となっています。
先端部形状も変わり、つまみ易くなっていると感じました。

ストラップを挟み込む為のナット部分は
従来のワッシャー+六角ナットから、
ホイール型のナット単体となっています。
緩み辛い特殊なネジ切りと、
最終的に横からもイモネジで固定が可能で、
非常にしっかりと固定され緩みにくい
構造になっております。
横からレンチ等の固い棒状の物を差込んで回し
締め込む機構となっており、
ホイール形状により指で回すことも容易です。

ビスとピンが一体になっている
ピン本体側もそうですが、
専用工具無しでも指である程度の固定が
出来るのはありがたい機構だと思います。
もちろん、下穴やパーツ自体に損傷が
無い事が前提ではありますが、
緊急時もある程度の対応が可能な事はメリットです。

前述のシャフトが長くなった事も合わさり、
脱落・紛失してしまうまでナットが
緩んだ事に気づかずにうっかり使用し続けてしまった、
という事態の可能性は限りなく低いでしょう。

組み合わせて本体に取り付けてみると
この様な感じです。
非常に遊びが少なくガッチリとしていながら、
取付・取外しは大変滑らかで、
各パーツが非常に高精度で作られている事が
感触として伝わってきます。
そしてその高精度な作りと、
工夫を凝らした各機構や低部品数により、
期待していた通り実に「Silent」な使用感です。

取り付けた楽器の構造やストラップのセッティング、
演奏スタイルにもよると思いますが、
わざと音が出るように動かしてみても
必要最低限の遊びの部分の触れ合う音が
僅かにする程度で、
基本的に普通に使っていれば気になる事は
まず無いと感じられました。

かつ、新品という要因もあると思いますが、
摩擦感やカクカクとした感触が無く、
動きが非常に滑らかな点も嬉しい点です。
高耐久との事でこれが持続してくれると良いですね。
[S]の意味に「Smooth」も加えて良いと思います。

時代を経ながら素材や製造技術の
品質が向上してきた事や、
プレーヤーからの要望を研究していった結果
生まれた素晴らしいロックピンだと思います。
硬耐久・ローノイズのロックピンをお探しの方は
是非ご検討下さい。

販売ページ

大久保