続・締めすぎ注意

裏止めタイプのロックペグの破損です。
昨日の記事に続き、こちらも締め込み過ぎて
折れしてしまった様です。

ロックタイプのペグなのにチューニングが
狂い易いので思い切り強く締めた、
というケースだったようですが、
基本的に多くの場合は弦が滑らない様に
クッと通常の指の力で締め込むだけで問題無く、
チューニングの狂いの原因は他にある場合も多いです。
楽器・パーツの想定された調整・可動幅を超えて
無理に力を加えると大きな損傷に
繋がる場合もありますので注意しましょう。

大久保