サテン

グロスフィニッシュのボディーやネックでも
スチールウールやスポンジ研磨材などの
比較的、番目の細かいヤスリで小さな円を書くように
研磨していくことで、サテンフィニッシュのような
手触りに仕上げることが可能です。

そもそも、サテンフィニッシュは塗料に
凹凸のある粒子を混ぜることによって、
光を乱反射させてつや消しにしているんですよね。

よって、グロスフィニッシュが最終的に研磨して
バフをかけるのに対して、
サテンフィニッシュは吹きっぱなしの塗装になるので、
製作サイドとしてはそれなりな技術は必要になりますが、
工程が2つほど省けるので、製作時間の短縮になります。
プレイヤーサイドとしてはグロスでは得られない、
サラサラとした質感を好まれる方も
多いのではないでしょうか。

実際のところ製品としては
今回の様に研磨してつや消しにしてあるものと、
吹きっぱなしでサテンにしてあるものが混在しています。

両者ともに使用していくと、艶が出てきてしまいますが、
研磨してあるものは塗膜がある限り復元可能ですが、
吹きっぱなしのものは再度塗装をしない限り、
同じような質感に復元ができないんですよね・・・。

 

額田