タングニッパー

リフレットの際、セルが付いているネックの場合は
フレットの足(タング)をカットしなくてはいけません。

写真はその時に使用する専用のニッパーなのですが、
近年はステンレスのフレットを使用することが多くなり、
刃の磨耗が激しくなってきたので、
ニッケル用とステンレス用を使い分けています。

写真左から、ニッケル用ジャンボ・スモール、
ステンレス用ジャンボ・スモールとなっています。

購入した時期が違うので、
左の2本は右の2本と比べて、簡易的な構造となっています。

磨耗してしまった刃は研ぎ直すことで、復元が可能ですが、
このニッパーの構造上、限界があるんですよね・・・。
額田