興味深い

68年製Fenderのギターです。
1フレットのブロックポジションが剥がれていたので、
見てみると・・・

ポジションマークは分厚く、
指板材を貫通して、メイプルの部分までザグリがあります。

そして、トラスロッドの埋木とトラスロッドのエンド部が見えますね。

面白いのが、サイドポジションがかなり深いところまで
埋まっているのがよくわかります。

普段は目にすることができない部分なので、なかなか興味深いですね。

額田