スタッドの付き方

80年代のB.C.Rich EAGLEのリフレットです。

フレットを抜いてみると、
スタッドの付き方が面白いですね。

タングのかなり下の方についているんですよね。
形状から見て、Jim Dunlopのフレットだと思うのですが、
これは初めて見たかもしれません・・・。

そう、Jim Dunlopのフレットの場合、
ほぼ全機種でタングの長さや太さ、
スタッドの大きさが違うので、
実際にこれを使ったリフレットは
なかなか難しいんですよね・・・。

ちなみにこのギターのフレットは
スタッドを木部に食い込ませるというよりも、
接着をしてありました・・・。
額田