トラスロッドブロック

Foderaのトラスロッドブロックです。

ナットを締め付けることによって、
Uの字に入った2本のロッドの片方をたわませて、
効かせる構造のものです。

同じような構造をもったロッドは
RickenbackerやSpecterで見ることができます。

写真は経年によって、ブロックが割れてしまっています。
こうなってしまうと、ロッドが効かなくなってしまうのと、
最悪の場合、指板が割れてしまいます。

90年代のSSDのものはこのブロックが鋳造で出来ていたので、
非常にもろく、壊れやすかったんですよね・・・。
なので、削り出しで加工していたのを思い出します。

 
額田